ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

「知識・ノウハウ」 一覧

各種金融商品や税制に関する知識ノウハウを掲載しています。
ワンランク上の内容となっており、これを習得することでまわりの営業マンとの差別化ができます。
内容は定期的にブラッシュアップしていきます。

カテゴリ一覧

ETFの設定フロー

ETFの知ってそうで意外と知らない仕組み・注意点を分かりやすく解説

ここではETFの知ってそうで意外と知らないポイントや注意点を掲載します。 ETFの分類などはこちらも参考にしてください:ETFの概要(原油等コモディティ関連ETFは注意が必要) ETFの流動性供給に貢 ...

米国リートセクター別チャート

米国リートは幅広いセクターがあり抜群の分散効果 / 2017年は新しいセクターが上昇をけん引

米国リートとJ-REITのセクター別比率 米国リートとJ-REITのセクター別比率です。 米国リートのはJ-REITと比較して幅広いセクターに分散されていることが分かります。 例えばJ-REITではオ ...

ザジャパンとTOPIXの長期推移

ETFが拡大することでアクティブファンドにチャンス到来 / ただし運用残高の急増には注意

ETFやインデックスファンドが注目される今こそアクティブファンドにチャンスがある フィデューシャリ一・デューティーや金融庁からの指導の影響もあり、投信業界では低コストのETFやインデックスファンドに注 ...

オーストラリアの名目GDPと豪ドルの推移

経済が成長しても通貨(為替レート)が強くなるとは限らない

経済成長と通貨の上昇は相関があるのか / 円は経済成長と共に上昇したが よく新興国通貨のセールストークで「経済成長(GDP成長)と共に通貨が強くなるので値上がりが期待できます」といった話を聞きますが本 ...

OIS,LIBOR、FF金利チャート

OIS(Overnight Index Swap)レートについての分かりやすい説明

OIS(Overnight Index Swap)とは OISは翌日物金利と数週間~2年程度までの固定金利を交換するスワップ取引の一種です。 一般的に使われるスワップ金利は変動金利の交換対象としてLI ...

リート利回り計算①

リートの利回り計算の仕組みを分かりやすく分解 / NOI利回り・レバレッジ・コスト

リートは日本のJ-REITに限らず世界中のどのリートも基本的な構造は同じで、レバレッジをかけて不動産を所有し、運営費用等を控除した利益のほぼ全てを分配金(配当金)として支払うというものです。 しかし、 ...

日本の破綻に備えるなら米ドルでリスクヘッジ、米国(FRB)もダメなら金(GOLD)でリスクヘッジ

富裕層のニーズはお金を増やすことよりお金を守る 金融資産が10億円くらいまでの資産家であれば効率的にお金を増やしたいというニーズはありますが、これが20億円、30億円と増えるにつれてお金を増やすよりも ...

投資適格社債利回りスプレッド

2017年9月のクレジット市場はやや割高な水準か / 米国ハイイールド債、新興国国債、投資適格社債

米国ハイイールド債・新興国国債・投資適格社債の利回りとスプレッド(長期チャート) 2017年9月時点のクレジット市場の水準を確認します。 代表的なクレジット商品である米国ハイイールド債、新興国国債、投 ...

HIBOR LIBORチャート

香港ドル(HKD)のボラティリティが高まっているというが・・・/チャートのスケールには注意

香港ドルはドルペッグ制なので大きく変動しないはずだが 「香港ドルが対米ドルで急上昇」 「香港ドルのボラティリティが急激なペースで上昇」 2017年8月以降、このようなニュースを見る機会が何度かありまし ...

日経平均銘柄入替の影響②

2000年4月の30銘柄入替で日経平均は10%は低く見えている

日経平均の銘柄入替が本格的に始まったのは2000年4月で、いきなり30銘柄の入替を発表 現在、日経平均の採用銘柄は毎年定期的に見直しが行われています。 9月に発表して10月の第一営業日に入替が実施され ...

CATボンド プライスリターン推移

CATボンドが過去最大の下落 / CATボンドの商品性も分かり易く説明

CATボンドとは、仕組みを解説 CATボンドのCATは「Catastrophe、カタストロフィ/大災害の略」を表します。 CATボンドは大災害債券とも言われます。 CATボンドは一般の債券よりも高 ...

NDFかい離

NDFの仕組みを分かりやすく解説 / 為替予約との違い / 短期金利とのかい離

NDFとは、なぜNDFを使う必要があるか NDFは「Non Deliverable Forward (ノン・デリバラブル・フォワード)」の略です。 通貨選択型の投資信託において通常の為替予約が使えない ...

トンチン年金

トンチン年金(生存保障保険)と終身年金で長生きリスクのヘッジをしよう

このページは超富裕層への提案には関係ありませんのでご注意ください。 ただし金融資産が5億円位までの方は対象になります。 トンチン年金とは トンチン年金(生存保障保険)とは「長く生きれば生きるほど受取金 ...

LIBORの廃止について考える / 代替指標と問題点

様々な金利の中で最も重要な指標の1つであるLIBOR(ライボー)が廃止される見通しとなっています。 廃止となる理由は2012年6月に発覚したLIBORの不正操作事件により、金利指標としての信頼性が失わ ...

インフレ率と通常貯金金利チャート

インフレ対策は預金・債券・MMFで十分可能

金融業界でよく使われるセールストークで 「インフレになると預金では実質的に目減りしてしまうので運用をしましょう」 「金融が進んでいる米国では多くの人がインフレ対策として株式やリートなどのファンドで運用 ...

中国株式市場一覧

中国株式市場の仕組みを分かり易く解説 / 香港・上海・深セン / A株・B株・H株 / ハンセン・レッドチップなど

中国株式市場は本土市場(上海・深セン)と香港市場が存在する 中国の株式市場は大きく本土市場(上海・深セン)と香港市場に大別されます。 さらに本土の上海市場と深セン市場にはA株とB株が存在します。 香港 ...

世界の名目GDPと株式時価総額比較

世界の株式時価総額と名目GDPを比較 / 世界株式は割高か割安か

全世界の株式時価総額合計と名目GDP合計の比較チャートです。 当たり前ですが全世界の株式時価総額合計と名目GDP合計の推移には一定の相関性があるものと思われます。 名目GDPについては近年、中国やイン ...

政府系MBS一覧

ジニーメイ、ファニーメイ、フレディマックについての分かりやすい説明

ジニーメイ、ファニーメイ、フレディマックはいずれも政府系住宅ローン担保証券(RMBS) 米国の住宅ローンは70%~80%が証券化され住宅ローン担保証券(RMBS)として販売されます。 そして住宅ローン ...

銅価格世界株チャート

銅(Copper)価格は景気や株価の先行指標として有効か?

銅(Copper)は身の回りの様々な製品で使用されている 銅は電気伝導性が高く、自動車、パソコン、携帯電話、住宅、産業用機械などの生産に欠かせない存在となっています。 今後IOTが進化すると更に需要が ...

所得税税率表

公的年金の仕組みと具体的支給例を分かりやすく解説 / iDeCo(イデコ)は必ず加入すべき

このページは富裕層向け営業に関するものでなく一般的な知識に関する内容となっています 日本の公的年金制度は2階建て 1階部分は「老齢基礎年金」で全国民共通です。 2階部分は「厚生年金」でサラリーマンと公 ...

フラット為替

フラット為替(クーポンスワップ、通貨スワップ、長期為替予約)は悪い商品ではない(契約例も紹介)

リーマンショック後の円高時に問題化したフラット為替の仕組み(取引例) リーマンショック後の2009年~2012年頃の円高局面で大きな問題となったフラット為替取引。 一般的には「フラット為替」と呼ばれる ...

富裕層営業(プライベートバンキング業務)を行うために必ず知っておくべき信託業務

様々な種類の信託業務 富裕層向けの営業を行う際に必ず出てくるのが信託業務です。 所属している金融機関(会社)により信託業務を取り扱える方と取り扱えない方がいると思いますが、取り扱いえない方もライバルの ...

インフラファンド発電量予測値

インフラファンド(インフラ投資法人)について

インフラファンド(インフラ投資法人)とは 大まかなイメージはJ-REITの太陽光発電施設バージョンです。 太陽光発電オペレーター(通常スポンサー関連企業)に太陽光発電施設を賃貸し、その賃料を投資家に分 ...

自社株TOBイメージ

自社株TOBのメリット / みなし配当で益金不算入を活用できる

富裕層が利用する自社株TOBとは 自社株TOBは上場企業の大株主となっているオーナー家の資産管理会社で活用されます。 上場企業が自己株式を市場で買付する際、売却に応じた株主が法人の場合は売却による損益 ...

利益超過分配

J-REITの利益超過分配について

J-REITの収益構造(損益計算) まずJ-REITの一般的な損益計算を下記に掲載します。(物流施設の例) 上記の図から減価償却費の割合が意外と大きいことが分かります。 キャッシュフローは「当期利益+ ...

実質実効為替レートチャート

実質実効為替レートを分解して分かりやすく解説

「実効」為替レート 「実効」は何を意味するかというと、ドル円レートのように特定の2か国間の為替レートではなく「複数国間の相対的な通貨の強弱」を表します。 BIS (国際決済銀行)が算出する実効為替レー ...

分散投資円

日本人の分散投資の難しさを理解する/運用アドバイザーの存在意義

米国では長期分散投資が当たり前 長期分散投資は投資の王道と言われます。 しかし、長期投資はともかくとして、分散投資については世界中の投資家に共通するかというと実はそうではありません。 たしかに米国の投 ...

VIX指数

ボラティリティ・インデックス(VIX指数等)を資産保全に活用

ボラティリティ・インデックスについて ボラティリティ・インデックス(VI)は株価をはじめとする指数を対象としたオプションのボラティリティをもとに算出されています。 代表的なボラティリティ・インデックス ...

個別株式の長期保有はハイリスク・ハイリターンである理由

個別株式を長期保有した場合のメリット 個別株式を長期で保有した場合の一番の醍醐味は、投資先企業が大きく成長し株価が10倍、100倍となることです。 例を挙げると、ソフトバンク、ファーストリテイリング、 ...

CMBS

CMBSの仕組みとポイントを分かりやすく説明

CMBSはMBSの一種でMBSはABSの一種 ABS (Asset Backed Securities)は各種資産のポートフォリオを裏付け(担保)に発行される債券です。 主な裏付け(担保)資産としてリ ...

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.