ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(株式・債券・REIT・投信・税制など)Copyright©2016-2019 financial star

お役立ちデータ(株式)

PMIと株価を比較(ISM製造業景況感指数とS&P500指数)

投稿日:2018年7月30日 更新日:

米国のPMI(ISM製造業景況感指数)

PMI (Purchasing Manager's Index)は「購買担当者景気指数」と呼ばれます。

企業の購買担当者にアンケート調査を行い、景況感を指数化して表します。

50が分岐点で、50を超えると景気拡大、50を下回ると景気後退を示します。

米国のPMIで最も重要な指標は「ISM製造業景況感指数」です。

PMIは景気先行指数と言われており、実際、実質GDP成長率に対してかなりきれいに先行します。

株価もマクロ景気に先行して動くと言われており、下記ではPMIと株価がどのような関係で推移しているかを確認します。

ISM製造業景況感指数とS&P500指数の推移

米国PMIとSP500の比較チャート

チャートを見ても分かる通り、PMIと株価は連動して動いている訳ではありません。

しかし、いくつかの法則性は認められますので下記に掲載します。

  • PMIが45を下回るような環境では、株式も大きく下落する
  • PMIが55を上回るような環境では株式のパフォーマンスは良く、一時的に下落しても長期化しない

50前後の場合は騙しもあり、見極めが難しいですが、45以下や55以上など極端な数値が出ている時は活用できそうです

また、2000年~2002年のITバブル崩壊時のようにPMIが底からリバウンドしても株価のリバウンドまで一定のタイムラグがある場合もあります。

このようにPMIが大きく下げたケースでは、PMIがリバウンドしても株価が連動しない可能性もあるので、投資を行う場合はPMIが50をしっかり上回るのを確認してから投資する方がリスクを軽減できます。

PMIが底をつけて上向きとなっても、50を下回っているということは景気後退局面から脱していないからです。

関連ページ

ISM製造業景況感指数とドル円レートの関連についてはこちらをご覧ください:円高リスクをいち早く察知するには米国のISM製造業景況感指数(PMI)をチェックすべき

中国の代表的なPMIは「国家統計局PMI」と「財新マークイットPMI」の2種類あります。名前のとおり国家が公表する「国家統計局PMI」と民家企業が公表する「財新マークイットPMI」です。普通に考えると国が公表する方が信頼性が高そうに感じますが、中国ということもあり「財新マークイットPMI」の方が信頼できると声もよく聞かれます。2つのPMIと中国株の関連性についてはこちらをご覧ください中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)は国家と民間で2種類存在する



-お役立ちデータ(株式)
-