ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(株式・債券・REIT・投信・税制など)Copyright©2016-2019 financial star

資格・スキルアップ

銀行・証券1~3年目の必須コンテンツまとめ(最重要基礎コンテンツ)

2019年7月10日

銀行・証券に限らず、どんな業種でも新人は業務を覚えながら知識も高める必要がありますので非常に大変です。

銀行・証券などの金融機関では入社後3年間くらいは研修などで学ぶ機会も多く、幅広い内容のインプットが求められます。

しかし、多くの知識をインプットし、それをアウトプットできるようになるまでにはかなりの時間が掛かります。

そして、研修で学ぶ内容が必ずしも実戦で活用できるものではないという問題点もあります。

こちらのページでは、入社1年目~3年目程度の社員が優先的に習得すべき最重要コンテンツのみを掲載しました。
(当サイトの最重要基礎コンテンツの位置づけです)

いずれも実務に役立つ内容ばかりですので、自分のものになるまで繰り返しご覧になることをお勧めします。

もちろん、ベテランの方も知らない内容があれば必ず役に立ちますので習得されることをお勧めします。

下記を全てマスターした後は、当サイトのトップページ上段に掲載しているテーマごとにまとめたコンテンツもご覧ください。

それではまず、債券関連のコンテンツからです。

債券関連の重要コンテンツ(新入社員向け)

新人向けですので、実際に顧客に商品提案する上で最低限おさえておくべき債券の関連知識を挙げておきます。

特にスプレッド・デュレーション・イールドカーブについては完璧に理解しましょう。

そして、下記では実際に顧客に提案する頻度が高い債券について掲載しています。

ハイイールド債とバンクローンは投信による提案が一般的です。

CoCo債やTLAC債はベテラン社員でもよく理解していない人が多い債券ですが、タイミングによっては非常に魅力的な商品になるので、必ず習得しましょう。

これらを全て理解するだけでも相当なレベルになります。

為替関連の重要コンテンツ(新入社員向け)

為替の足元の環境や見通しを整理して説明する際に役立つコンテンツです。

外債の提案の際は最低限おさえておく内容です。

少なくとも実質金利、購買力平価、ヘッジコストは理解して自分のものにしましょう。

また、ドル円レートの歴史は覚えておくと役に立ちますので、繰り返しご覧ください。携帯電話などにブックマークしておくと、いつでも確認できて便利です。

株式・REIT・投信関連の重要コンテンツ(新入社員向け)

株式・REIT・投信を進める上で最低限押さえておきたいコンテンツです。

特に新人はミクロよりマクロ、大きな観点で株式市場を見れるようになるべきです。

時価総額がGDPに対してどれくらいの水準となっているかや、過去の米国株式市場の歴史などはコメントできるようにしておきましょう。

また、利回り商品として魅力的なREITの仕組みや投信の基本となるポイントも押さえておく必要があります。

税金関連の重要コンテンツ(新入社員向け)

富裕層・法人の税金関連で出てくる頻度が高いものを掲載します。

プレゼンできるレベルまでいかなくても、最低限、内容は分かるようにしておくと差別化できます。

一見、難しそうに見えるかもしれませんが、下記の内容はイメージよりも簡単だと思います。

税金関連の入口として頑張りましょう。



-資格・スキルアップ