ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

CLO(ローン担保証券)の仕組みとポイントを分かりやすく解説

投稿日:2017年2月26日 更新日:

CLO(Collateralized Loan Obligation、ローン担保証券)とは

ABS (asset backed security、資産担保証券)の一種です。

ABSの中で貸出債権(ローン)や債券(ボンド)を裏付けとするものがCDO (Collateralized Debt Obligation、債務担保証券)と呼ばれます。

さらにCDOの内、裏付けとなるアセットが貸出債権(ローン)のものがCLO(Collateralized Loan Obligation、ローン担保証券)、裏付けとなるアセットが債券(ボンド)の場合CBO(Collateralized Bond Obligation)と呼ばれます。

ちなみに「Collateralized=担保化された」、「Obligation =証券」の意味です。

CLOの仕組み

CLOはローン債権を裏付け資産(担保資産)として発行されます。

通常、「シニア」、「メザニン」、「エクイティ」にトランシェ分けされます。

CLO仕組み図

ローン債権がデフォルトした場合はエクイティ→メザニン→シニアの順に下から毀損していきます。

よってエクイティはそれなりにリスクが高いため利回りも高くなります。

ケースバイケースですが、商品によっては20%以上の利回りのものもあります。

ただし、担保資産であるローンが毀損した場合、エクイティも同じ割合で毀損していきます。

メザニンやシニアの場合は、それぞれの劣後部分がどれくらいあるかでリスクが変化します。

これもケースバイケースですが、一般的な米ドル建てのCLOのイメージをお伝えするとエクイティが資産全体の5%メザニン15%シニアが80%と言った感じでしょうか。

利回りはエクイティ15%メザニン6%シニア2%のような感じです。

基本的にCLOのシニアはAAA等、高格付けで毀損しないことが想定されています。

メザニンはA~BBが一般的で、エクイティは格付けはありません。(上に掲載のイメージ図を参照してください)

エクイティの割合が増えればメザニンのリスクが減り、「エクイティ+メザニン」の割合が増えればシニアのリスクが減ります。

ただしリスクが減れば利回りも低下するので、この辺は投資家のニーズやマーケット環境によって変化します。

メザニンの仕組みは「メザニンローンのポイント、事例紹介」を参照してください。

CLOの存在意義

米国のバンクローン(担保付大手企業向け融資)は、投資信託と並び、CLOが主要投資家となっています。

米国のバンクローン自体の格付けはB~BBで、平均デフォルト率3%、デフォルト時の回収率70%となっており、変動リスクもそれなりに高いことから、直接投資できる機関投資家は限定されてしまいます。

この時、上記のようにトランシエ分けすれば、リスクをあまり取れない投資家はシニアに投資ができ、リスクを取って高利回りを享受したい投資家はエクイティ、ミドルリスク・ミドルリターンの投資家はメザニンに投資することができます。

このように担保資産を証券化しCLOとすることで担保資産にアクセスできる投資家を拡大することが可能となります。

これがCLOの最も大きな存在意義と言えます。

また、トランシエ分けの比率を変化させることで様々なリスクリターンの商品を自由に作ることが可能となります。(もちろんこれはCLOに限らず証券化商品全体にいえることです)

米国バンクローンの仕組みやセールストークは「バンクローン・オープン/バンクローンの投資環境」を参照してください

リーマンショック時はシニアも毀損

リーマンショック時は、想定よりも担保資産のデフォルトが大きく増えたことにより、一部のCLOではシニア部分までもが毀損して大きな問題になりました。

上記の通り、シニアは通常AAAの格付けを取得していたため、投資家は安全確実であるとの前提で投資していましたが、これが毀損したため大きな問題となりました。

シニアが一部でも毀損したCLOは、当たり前ですがエクイティとメザニンは全損です。

そのため一時的にCLO等の証券化商品の信頼性が低下し、発行が激減しました。

しかし2017年現在では、米国をはじめ日本でもCLOの発行が再開されています。

ただし、以前と比較してエクイティやメザニンの割合が高く、シニアが毀損しにくい保守的なストラクチャーになっているようです。

シンセティックCDO(シンセティックCLO)とは

上記の通り、CLOは貸出債権(ローン)を裏付けとし、CBOは債券(ボンド)を裏付けとして証券化され、これらの総称をCDOと呼んでいます。

CDOは通常、貸出債権(ローン)や債券(ボンド)といった実際の金融商品(取引)が裏付けとなっていますが、これをデリバティブを使って擬似的に作り出すことができます。

貸出債権(ローン)や債券(ボンド)の代わりにCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)をプールして証券化した商品はシンセティックCDOと呼ばれています。

シンセティックは「合成の」を意味します。

CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)を使って社債と同じ経済効果であるクレジットリンク債を組成するのと同じ原理です。

クレジットリンク債の仕組みについてはこちら:クレジットリンク債

シンセティックCDOでは貸出債権(ローン)の実行や転売契約などの煩雑な手続きが必要ない点もメリットになります。

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-知識・ノウハウ(債券)

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.