ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(株式・債券・REIT・投信・税制など)Copyright©2016-2019 financial star

お役立ちデータ(経済指標・人口)

中国の景気を確認する時に役立つ指標(李克強指数・債務対GDP比率)

投稿日:2018年11月11日 更新日:

中国経済の状況を把握する上で役に立つ指標を2つ紹介します。

  • 李克強指数
  • 債務対GDP比率

一般的なニュースではあまり取り上げられませんが、中国の実態を把握する為には役に立つものです。

李克強指数

中国の第7代首相である李克強(りこっきょう)氏が総理就任前の2007年に国内総生産(GDP)よりも信頼できる数値として挙げた「銀行融資残高・電力消費量・鉄道貨物輸送量」の3つをもとに作られた指数です。

  • 銀行融資残高:40%
  • 電力消費量:40%
  • 鉄道貨物輸送量:20%

上記のウェイトで指数化されています。

従来より、中国政府が公表するGDPなどの経済指標はデータが操作されていると言われており、信頼性は低いと考えられています。

一方、「銀行融資残高、電力消費量、鉄道貨物輸送量」はデータを操作しにくいと考えられることから上記の李克強(りこっきょう)氏の発言になったと考えられます。

よって、李克強指数は中国経済の実態を見る上で信頼性が高く参考になるデータと言えます。他の一般的な経済指標と併せて観察することで中国の景気動向の分析を高い精度で行うことが可能となります。

李克強指数の推移

中国の債務対GDP比率

上記の「李克強指数」と同様、ニュース等で具体的なデータが取り上げられることは少ないですが、中国経済の動向を分析する上で重要なのが「債務対GDP比率」です。

ここでは、中国の「総債務対GDP比率」とその内訳となる「企業債務対GDP比率・家計債務対GDP比率・政府債務対GDP比率・銀行債務対GDP比率」を掲載します。

中国の債務対GDP比率推移

中国の債務対GDP比率推移

中国は長らく過剰債務問題が懸念されていますが、こちらのデータでそれが確認できます。

上記は債務残高ではなく名目GDPに対する比率であるため、かなりの過剰債務と言えそうです。

特に2008年のリーマンショック以降に債務比率が大きく増加しており、「総債務対GDP比率」は2008年の162%から2017年には265%まで上昇しています。

また、内訳の中では「企業債務対GDP比率」と「家計債務対GDP比率」の上昇が顕著となっています。

「企業債務対GDP比率」は2008年の100%から2017年には160%まで増加し、「家計債務対GDP比率」は2008年の18%から2017年には49%まで増加しています。

一方、「政府債務対GDP比率」と「銀行債務対GDP比率」はここ数年間は横ばいとなっています。

民間の企業債務と家計債務が大きく増加し、公的な政府債務と銀行債務は一定にコントロールされています。

中国の債務問題は民間部門をいかにうまくコントロールできるかがポイントとなりそうです。



-お役立ちデータ(経済指標・人口)
-