ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

野村日本株低ベータ・セレクト50は魅力的な指数(インデックス)となるか

投稿日:2017年1月28日 更新日:

野村日本株ベータ・セレクト指数とは

野村証券(野村證券金融工学研究センター)が算出しており、日本株及びドル円為替レートに対するベーダ値(感応度)を計算し、その中でベーダ値が高い30銘柄を組み入れた「野村日本株高ベータ・セレクト30」とベーダ値が低い50銘柄を組み入れた「野村日本株低ベータ・セレクト50」という2種類の指数があります。

ベータとは日本株やドル円レートが1%上下した場合に、株価がどの程度変化したかを表す指標です

ベータについての説明はこちらを参照してください:投資・運用関連の少しマニアックな用語集

その中で特に「野村日本株低ベータ・セレクト50」は、国内の投資家にとって非常に魅力的な指数と思われるため紹介します。

日本株は輸出企業の割合が大きく、為替レートの変動による影響を受けやすい資産クラスとなります。

それゆえ、米国株や欧州株など他の先進国株式と比較してボラティリティが大きくなる傾向にあります。

これが国内投資家が日本株を長期投資できない大きな要因ともなっており、日経平均やTOPIXよりもポラティリティが低い安定的な日本株指数の潜在的なニーズは高いと考えられます

その点「野村日本株低ベータ・セレクト50」は期待できる指数と言えそうです。

野村日本株低ベーダ・セレクト50の概要

簡単に言うと、日本株全体(インデックス)とドル円レートに対する感応度が低い50銘柄の指数です

原則年2回(6月・12月)、構成銘柄を見直します。

構成銘柄は下記の3つの合成スコアで決定されます。

  • 市場ベータ

過去60ヶ月市場ベータ→低い市場ベータ

  • 為替ベータ

過去60ヶ月ドル円為替ベータ→低い為替ベータ

  • 銘柄固有リスク

市場ベーダ調整後過去60ヶ月株価リターン標準偏差→低い固有銘柄リスク

上記の通り、低ベータ50については日本株と為替のベーダに加え、市場ベータ調整後標準偏差の低い銘柄をセレクトしています。

よって構成銘柄は相対的に日本株とドル円レートとのベーダ値が低く、ボラティリティが低い銘柄ということになります。

業種については「野村日本株高ベーダ・セレクト30」は業種ウェイトの変化が大きいようですが、「野村日本株低ベータ・セレクト50」は比較的変化が少ないようです。

これまでは「運輸・物流」、「情報通信・サービスその他」、「食品」の業種別ウェイトが大きくなっていました。

野村日本株低ベータ・セレクト50のパフォーマンス推移

チャートにあるように野村日本株低ベータ・セレクト50は非常に安定的な推移となっています。

当たり前ですが、リーマンショック後等、日本株が大きく下落する局面でのダウンサイドリスクが大きく軽減されています。

マーケット低迷時のキズを最小限にすることで、結果的に高いパフォーマンスとなっています。

2001年1月~2016年12月のデータでは標準偏差(ボラティリティ、リスク)12.79%とTOPIX18%の約2/3となっています。

また、TOPIXベータ0.52為替(ドル円レート)ベータ0.35と、日本株とドル円レートの感応度は非常に低くなっています。

特にドル円レートとの感応度がTOPIXの0.86に対して0.35と低い点は、円高による日本株安に悩まされてきた投資家にとっては非常に大きなメリットと言えます

リターン/リスクも0.42とTOPIXの3倍近い水準となっており、投資家が日本株を長期で保有する手段として非常に適していると考えられます。

逆に「野村日本株高ベーダ・セレクト30」はTOPIXベータが1.41、為替(ドル円レート)ベータが1.27と、日本株とドル円レートの感応度は非常に高くなっています。

低ベータ50のように長期投資には向いていないように感じますが、円安に振れそうなときに短期的に保有する商品としては使えるかもしれません。

また、ETFができれば「野村日本株高ペーターセレクト30」を空売りすることで円高時に利益を上げることもできそうです。

円高時に利益を上げる商品はこちらを参照してください:円高で儲かる商品(ブルベアファンド、ETF、FX等)

関連ページ

ひふみ投信・ひふみプラス/日本株の投資環境

【ドル建て日経平均】ドル建て日本株ETF / ドルヘッジ付きがおすすめ

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-知識・ノウハウ(株式)

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.