ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

リパッケージ債

投稿日:2017年7月6日 更新日:

債券タイプ

  • 仕組債

通貨

  • 下記2例とも円(額面100円)

対象アセット(インデックス)

  • リパッケージ債とは既発債券を担保にしてその債券から得られるキャッシュフローを組み替えて新しく組成する債券である
  • よって幅広い債券や転換社債(CB)が対象アセットとなる
    リパッケージ債組成フロー

条件

リパッケージ債の主な取引例として、外債を円債にリパッケージする例と転換社債(CB)を普通社債にリパッケージする例を掲載

①外債(期限前償還条項付き永久劣後債)を円債にリパッケージする例

既発債券(担保債券)の条件

  • 債券種類:期限前償還条項付き永久劣後債
  • 通貨:米ドル
  • 期間:永久劣後債(ファーストコール:10年後)
  • 最終利回り:4.0%

リパッケージ債の条件

  • 通貨:円
  • 期間:10年
  • 最終利回り:1.0%

経済効果としてはドル債を円ヘッジした商品であり、為替リスクがなくなるがヘッジコスト分だけ利回りが低下する。

通常の社債ではシンプル過ぎるため、上記の例は期限前償還条項(コール条項)がついている永久劣後債の例を掲載している。

リパッケージ債はファーストコールである10年後に償還するスキームとなるため、担保債券がファーストコールで償還されない場合、担保証券を時価で売却して償還資金とする必要が発生する。よってこの場合、元本割れの可能性が高くなるという点が注意点となる。

②転換社債(CB)を普通社債にリパッケージする例

既発債券(担保債券)の条件

  • 債券種類:転換社債(CB)
  • 通貨:円
  • 期間:5年
  • クーポン:1.0%
  • 転換価格:CB発行時の株価の130%

リパッケージ債の条件

  • 通貨:円
  • 期間:5年
  • クーポン:1.5%

転換社債(CB)を分解すると「社債」+「コールオプションの買い」になる

上記例の転換社債は「5年・クーポン1%の社債」+「CB発行時の株価の30%上で株式を購入する権利」になる

リパッケージ債は「コールオプションの買い」部分を売却して、そのキャッシュフローを社債のクーポンに上乗せしていることになる

良い点(セールストーク)

キャッシュフローの組み替えにより、様々な投資家のニーズに対応することが可能

  • 上記の米ドル建てのコール条項付永久劣後債の場合では、為替リスクが取れない投資家に対し円建てにリパケージすることで提案が可能となる
  • 上記のCBリパッケージ債の場合は、株価上昇によるキャピタルゲインを放棄するかわりに高いクーポンを確実に受け取りたいという顧客ニーズを満たすことができる

悪い点(リスク)

換金性が低い

  • 途中売却の場合、担保債券の売却とスワップ契約の解消を行う必要がある
  • 担保債券が流動性の低い債券の場合、売却できないケースや高いコストがかかるケースがある。
  • また、スワップ契約の解消も高いコストがかかるケースが多い
  • よって、原則として償還まで保有することが前提となる

クレジットリスク

  • リパッケージ債を発行する際にSPC(特別目低会社)を活用するがこれは倒産隔離が行われておりクレジットリスクを気にする必要性はない
  • 担保債券のクレジットリスク(当たり前であるが)と、スワップカウンターパーティーのクレジットリスクとなる(ただし、スワップカウンターパーティーは通常、リパッケージ債を販売する証券会社か大手金融機関であるため問題になることは少ない)

永久劣後債がコールをスキップした場合

  • 上記例にあるようなコール条項付の永久劣後債を円建てにリパッケージする場合、ファーストコールで償還される前提で組成される。
  • よってファーストコールで償還されない場合はその時点で担保債券を売却してリパッケージ債を償還することになるため元本割れのリスクが高くなる

関連ページ

仕組債の商品例一覧

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-債券・仕組債

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.