ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

金利とインフレ率推移(チャート・変動要因)【②資源国】

投稿日:

基本的には政策金利を使用、何らかの理由がある場合はLIBOR等のマーケット金利を使用します

オーストラリアの政策金利とインフレ率の推移(RBA政策金利誘導目標、消費者物価指数)

金利CPIオーストラリア

  • オーストラリア準備銀行(RBA)の金融政策の目的は①通貨価値の安定、②最大雇用の維、③経済的繁栄と厚生の促進と定めている
  • RBAはインフレの抑制を「金融政策」の中間的な目標と位置づけ、インフレ率を2~3%で安定させることを目標としている
  • 多くの期間でインフレ警戒の引き締め的な高金利政策がとられていた
  • 豪ドルは高金利通貨として日本の投資家からの人気が高いが、2015年頃からは景気低迷による低金利が続いている
  • 2017年時点ではオーストラリアの政策金利と米国の政策金利がほぼ同レベルまで近づいている(オーストラリアの政策金利が1.5%、米国の政策金利が1.25%)
  • 過去、オーストラリアの政策金利が米国の政策金利を下回っていたのは1997年6月~2001年3月頃までのみである
  • ちなみにこの時の豪ドルは1豪ドル=0.5ドル~0.75ドルと非常に低い水準での推移となっていた
  • 参考ページ:豪ドル為替レート(円/豪ドル,ドル/豪ドル)長期推移(チャート・変動要因)

ニュージーランドの政策金利とインフレ率の推移(ニュージーランド準備銀行オフィシャルキャッシュレート、消費者物価指数)

金利CPIニュージーランド

カナダの政策金利とインフレ率の推移(カナダ銀行翌日物貸出金利、消費者物価指数)

金利CPIカナダ

メキシコの政策金利とインフレ率の推移(メキシコ銀行翌日物レート、消費者物価指数)

金利CPIメキシコ

  • 2001年以降、メキシコ中央銀行はインフレ率の目標を2%~4% (3%±1%)としている
  • 2016年~2017年はインフレ率上昇に伴う利上げを行った
  • インフレ率が上昇した背景は2016年11月にトランプ大統領が誕生し、米国がメキシコにとって不利な政策をとることが予想され、それによりメキシコペソが大幅に下落したことがインフレ率上昇の最大の要因と考えられる
    (2015年から資源価格の下落により多くの新興国通貨が下落していたが、メキシコペソ以外の通貨は概ね2016年3月以降、通貨が上昇した。メキシコペソは2017年1月まで下落を続けた)
  • 参考ページ:メキシコペソ為替レート(円/メキシコペソ、メキシコペソ/ドル)長期推移(チャート・変動要因)

南アフリカの政策金利とインフレ率の推移(南アフリカ平均レポレート、消費者物価指数)

金利CPI南アフリカ

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-お役立ちデータ集

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.