ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)Copyright©2016-2019 financial star

知識・ノウハウ(保険)

ネット損保(通販型自動車保険)をなぜ使わないのか

投稿日:

前回、「ネット生保をなぜ使わないのか」という記事を掲載しましたが、生保以上に自動車保険でなぜネット損保を使わないのか疑問に感じています。

自動車保険ではネット型(通販型)のシェアが10%未満であり、それほど普及していません。

保険料が安く、ロードサービスもネット型(通販型)の方が充実しています。

自動車保険は生命保険と比べて、ネット型(通販型)への乗り換えが簡単なはずです。

生命保険のように健康状態などは関係なく、契約も1年契約を更新しているだけですので、乗換えコストはほぼかかりません。

現在の契約と同じ条件をネットで入力すればどれくらい安くなるかも直ぐに分かります。

それでも普及していないのはある意味不思議です。

理由はいくつか考えられます。

  • 若者が自動車に乗らなくなっており、自動車保険の契約者(自動車の所有者)はネットが苦手な高齢化の割合が多い
  • 代理店の営業努力(付き合いから乗り換えにくい)
  • ディーラーで車の購入時にローンなどとー緒になんとなく加入している
  • 自動車保険は難しいとの思い込み(それほど難しくありません)

日本人は合理的な行動がとれず、営業に弱い人が多いと感じます。

また、自動車保険においてはネット型(通販型)と代理店型に対する誤解が多いことも影響しているようです。

自動車保険のネット型(通販型)と代理店型に関する誤解

  • 事故発生時、代理店型は担当者がすべて対応してくれるが、ネット型(通販型)は自分で対応する必要がある
    →ネット(通販型)でもやることは保険会社に連絡するくらいです。示談交渉なども保険会社が行ってくれます。また保険会社が示談交渉できない「もらい自己(過失ゼロ)」などの場合でも、スタッフが相談にのってくれます。
  • 代理店型であれば事故現場に来てくれる
    →これはそのような代理店(担当者)もあるという程度です。来てくれないケースの方が多いでしょう。また、現場に来てくれても、安心感はあるかもしれませんが、経済的にプラスになることはまずありません。
  • ネット型(通販型)だと自分1人で補償内容を決めなくてはいけない
    →コールセンターに電話やメールで質問できます。

また、自動車保険はそんなに内容は難しくないです。

HPに標準的・一般的な補償内容が掲載されていますので、分からない人はそのまま契約しても問題ないです。(自動車保険は1年契約なので後でいくらでも修正できます)

自動車保険トップのソニー損保のHPに掲載されている標準的・一般的な補償内容です。

ネット損保契約例

唯一、検討する余地があるのは車両保険のみです。

個人的にも上記の内容で十分だと思います。

様々なトラブル対策の為にも「弁護士特約」は近年、重要となっています。(これを敢えて勧めているソニー損保はさすがだと感じます)

ソニー損保(おそらく他社も)では事故受付365日・24時間対応です。

レッカー代や帰りの電車代・レンタカー代も負担してくれます。

夜遅くて帰れなくなった場合は、ホテル代も負担してくれます。

その他、事故以外のキー閉じ込み・バッテリー上がり・ガス欠・パンク等の場合も無料で駆けつけてくれます。

それでもネット型(通販型)自動車保険に入りませんか?



-知識・ノウハウ(保険)