ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(株式・債券・REIT・投信・税制など)Copyright©2016-2019 financial star

知識・ノウハウ(株式)

4つの景気循環(キチン・ジュグラー・クズネッツ・コンドラチェフ)は投資に活用できる

投稿日:2018年11月7日 更新日:

4つの景気循環とは

景気循環は周期の長さによって短期・中期・長期・超長期の4種類が存在します。

それぞれ発見した学者の名前をとり「キチン循環」「ジュグラー循環」「クズネッツ循環」「コンドラチェフ循環」と呼ばれています。

また、それぞれのサイクルは「企業の在庫投資」「企業の設備投資」「建築需要」「技術革新」に起因して発生します。

4つの景気循環をまとめたものがこちらです。

4つの景気循環

周期については正確に一致するものではなく、おおよその目安と考えておいた方が良いと思います。

例えばチキン循環は経済学の教科書では40ヶ月と記載されているケースが多いと思いますが、実際には2年~6年位のイメージで考えておくと良いでしょう。

ちなみにコンドラチェフの場合で説明すると50年上向き・50年下向きではなく、50年で1周するイメージです。

よって25年上向き・25年下向きとなります。

また、注意点として景気循環をどのデータで表現するかによってサイクルに違いが出ることがあります。

同じ時期の同じ国でも、あるデータではサイクルが下向き、違うデータではサイクルが上向きとなることがあります。

アベノミクス開始時は46年ぶりに4循環とも上向き

アベノミクスが始まった第2次安倍政権は2012年12月にスタートしています。(日銀の黒田総裁が就任したのは2013年3月)

2012年12月以降、長期の景気拡大期(アベノミクス景気)に突入し、株価も大きく上昇しました。

もちろん、安倍政権の各種政策や黒田日銀の金融緩和による効果は大きいと思いますが、実は2013年は1967年以来46年ぶりに4つの景気循環が全て上向きとなるタイミングでした。

ここでは三菱UFJモルガンスタンレー証券の嶋中雄二氏の書籍等のデータを活用しています。(ちなみに嶋中氏は景気循環を投資に活用する分野では第一人者と言える人物です)

  • 2012年に「キチン循環」と「ジュグラー循環」がともに谷をつけ上昇に向かった
  • 「クズネッツ循環」は2010年に谷をつけ、「コンドラチェフ循環」も2001年に谷をつけすでに上向きとなっていた

よって、2013年に4つの循環が全て上向きとなりました

4つの循環が全て上向きになったのは過去5回しかありません。

  1. 日露戦争時の1904
  2. 第1次大戦時の1916年
  3. 神武景気時の1957年
  4. 岩戸景気時の1960
  5. いざなぎ景気時の1967年

アベノミクスが始まったタイミングは景気循環からみると最高のタイミングであったといえます。

安倍首相は2007年に一度総理を辞め、2012年に再度、総理となりましたが、景気循環を研究してチャンスだと思って再登板していたとしたら凄いです。(おそらく偶然だと思いますが)

逆に直近で4つの循環が全て下向きになったのは1990年〜1992年です。平成バブルがまさに弾けようとしている時期です。(株価のピークは1989年12月末でした)

このように景気循環は投資をする上で非常に参考になるので、定期的にチェックしておくと良いでしょう。

上記でも触れましたが景気循環の周期は少しずつずれていきますので、最新のデータは嶋中氏の書籍等をご覧いただくと非常に参考になります。

今後の景気循環の見通し(2020年代・2030年代の見通し)

今後の景気循環の見通しをまとめると下記の通りです。

  • クズネッツ循環(2011年に谷)→2021年頃まで上昇
  • コンドラチェフ循環(2001年に谷)→2026年頃まで上昇

よって長期・超長期循環はもう少し上向きです

  • キチン循環(2012年に谷)→2年~6年程度の周期で上下
  • ジュグラー循環(2013年に谷)→2018年頃まで上昇

キチン循環は期間にバラツキがあるので注意が必要ですが、4つとも上向きの最も良い時期は過ぎた可能性があります。嶋中氏の書籍やレポートでも最も良い時期は2018年or2019年までとされています。(ちなみに米国も日本と同様に2018年までは4つとも上向きですが、2019年以降はコンドラチェフ以外の3つが下降局面に入るようです)

日本において、2018年〜2023年頃はジュグラー循環が下向きになり、2021年〜2030年は長期循環(クズネッツ循環)も下向きになります。

この期間で同時に短期循環(キチン循環)も下向きになる局面では注意が必要となります。

そうなると日本も最大3つが下向きになります。

また、2030年〜2040年頃は長期循環であるクズネッツ循環が再度上向きになりますが、この期間は超長期(コンドラチェフ)が常に下向きになりそうです。

そういう意味では景気循環において最も良い時期は過ぎたようです。

上記の内容は投資を行う上で非常に重要ですので忘れないように定期的に確認することをお勧めします。

また、サイクルの間隔は少しずつズレていきますので、最新の情報は嶋中氏の書籍やレポートも併せてご覧ください。



-知識・ノウハウ(株式)
-