ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

クレジットリンク債

投稿日:2016年6月24日 更新日:

債券タイプ

  • 仕組債(仕組みは社債に近い)

通貨

  • 円(額面100円)

対象アセット(インデックス)

  • クレジットデフォルトスワップ(CDS)
  • CDSを利用して社債と同様の経済効果を目指すもの

条件

発行事例

  •  過去に発行された例を掲載
    • 発行日:2010/12/13
    • 期間:5年
    • クーポン:変動or固定でちらでも組成可能
      • 変動の場合:6ヶ月LIBOR+0.486%
      • 固定の場合:1.0%(5年国債金利+0.5%)
    • 発行会社:三菱UFJモルガンスタンレー証券
    • CDS参照企業:神戸製鋼所
  • クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)を使って参照企業の信用リスクを取ることで高い利回りを得られる商品。
  • 基本的には社債(SB)と同じような商品であるが下記の違いがある
  • 一般の社債との違い
    • 発行企業と参照企業の両方のクレジットリスクを取る代わりに、両方のクレジットスプレッドが得られる
    • 売却ができない
    • 小口で発行できない

CDSとは

  • 企業に対する信用保険のようなもの。
  • プロテクション(保証)の買い手はプレミアム(保険料)を支払う代わりに、参照企業に信用事由が発生した場合、保険金を受け取る。
  • プロテクション(保証)の売り手はその逆で、保険料を受け取る代わりに参照企業に信用事由が発生した場合には保険金を支払う必要が発生する。
  • クレジットリンク債の投資家はプロテクションの売り手の立場となる。
    クレジットリンク債組成フロー

信用事由(クレジットイベント)とは

  • 信用事由は国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)が規定している。
    • 破産
    • 支払不履行
    • リストラクチャリング(支払利息減免、元本削減、元利金支払い繰り延べなど)
  • 信用事由(リストラクチャリング)が発生した日本企業
    creditlink_default

 

良い点(セールストーク)

高い利回り

  • 社債に比べて発行会社(通常金融機関)のクレジットが上乗せされるので、同じ企業の社債(SB)よりも利回りが高い
  • 上記の例では神戸製鋼所の社債(SB)より、三菱UFJモルガンスタンレー証券のクレジットスプレッドが上乗せされるため利回りが高いくなる

機動的に発行可能

  • 社債(SB)が発行されていなくても組成できる(機動的なタイミングで投資できる)

悪い点(リスク)

流動性が低い

  • 基本的に売却できないと考えたほうが良い(売却する場合相当悪い条件となる)

大口のみ

  • 最低ロットが1億円、できれば10億円以上の金額が必要となる(CDSは通常10億円単位で取引されるので、10億円未満の取引も可能であるが取引コストが上がり利率が低下する)

関連ページ

仕組債の商品例一覧

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-債券・仕組債

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.