ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(株式・債券・REIT・投信・税制など)Copyright©2016-2019 financial star

債券・仕組債

日経225リンク債

投稿日:2016年6月27日 更新日:

こちらのページでは日経225リンク債について事例を交えながらポイントを詳細に解説しています。

日経225リンク債は日経平均を参照するノックイン型の仕組債です。

指数を参照しますのでEB債と比べて利回りは劣りますが個別銘柄リスクがないので安心感があります。

様々な仕組債の中でも取扱いが多い商品となっています。

下記は日経225リンク債の発行事例です。

あわせてポイントも掲載します。

日経225リンク債の発行事例

債券タイプ

  • 仕組み債

通貨

  • 円(額面100円)

対象アセット(インデックス)

  • 日経225(日経平均株価)

条件

2016/6/22現在の条件です。

  • 期間:3年
  • クーポン:3.0%
  • ノックインレベル:70%(11,200円)
  • ノックアウト(早期償還)判定:3ヶ月毎110%
  • 発行時の日経平均:16000円

日経225リンク債組成フロー

  • 期間中に一度もノックインレベルを下回らなければ最長3年、利回り3%、償還時100で償還されます。
  • 3ヶ月毎の判定日に日経平均が16000円より10%以上上昇していた場合は100で償還されます。
  • 期間内に日経平均株価が1度でもノックインレベルを下回ると「償還時の日経平均/16000」が償還価格となります。(額面100を超えない)
  • よって、1度ノックインレベルを下回っても償還時に18770円以上になっていれば当債券は額面の100で返ってきます。
  • ノックインした後、日経平均が16000円を下回る場合は16000円との乖離幅がそのまま損失となります。

日経225リンク債の良い点(メリット)

リスク限定

  • 日経平均が30%の下落までであれば下落の損失を受けないで済みます。
  • 上記の例ではノックイン価格は11200円であり、日銀の金融緩和を始め日本株式を取り巻く環境が大きく変化し始めた状況において11000円台までの下落は想定しにくいと想定されました。
    • ①日銀によるETF購入は年間3.3兆円
    • ②コーポレートガバナンスコードとスチュワードシップコードの導入により企業は株価を意識した経営へ(ROE経営にシフト)
    • ③GPIFのポートに占める日本株式の比率を12%から25%に拡大、共済/ゆうちょ/かんぽ等も株式比率を拡大
    • ④日銀の金融緩和により円高になりにくい環境
  • 日本株に関する詳しい内容はこちらを参照:ひふみ投信・ひふみプラス/日本株の投資環境

日経225リンク債の良い投資タイミング

  • 日経平均が短期的に下落し変動率(ボラティリティ)が高まっているが長期の下落トレンドにはならないと思われるタイミングがベストです。
  • 変動率(ボラティリティ)が高まることで利回りやノックインまでの幅などの条件が良くなります。

日経225リンク債のリスク(デメリット)

急に損失が表面化

  • 期間中1度でもノックイン価格を割り込むと大きな含み損が急に発生します。

再投資するとリスクが拡大する可能性

  • 上記の条件で2016年6月に発行した後、3ヶ月毎110%のノックアウト条項により株価が上昇した2016年12月に償還となりました。
  • その後、2017年1月5日時点で日経平均株価は19500円まで上昇しており、上記と同じようにノックインレベル70%で発行した場合、ノックインレベルは13,650円となり前回のノックインレベルである11,200円より大幅に高い価格になるためリスクは高まります。
  • ノックアウト条項付のノックイン型仕組債の場合、ノックアウトで償還した資金でロールオーバーを繰り返していると、どこかでノックインする可能性が高まります。
  • その場合、リターンに対して毀損する割合が高いため注意が必要となります。
  • 日経225リンク債を含む多くの仕組債はオプションの売りのポジションであり、これは利益限定・損失無限大のポジションとなるため注意が必要です。

関連ページ

下記では代表的な仕組債をほぼ全て網羅していますのでご覧下さい!

仕組債の商品例一覧



-債券・仕組債