ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)Copyright©2016 financial star

資格・スキルアップ

マーケット低迷時は株式・債券・投信の移管セールスを行うべき

投稿日:

株式・債券・投信の移管は移管元証券会社で手続きを行う

他社で購入し保有している株式・債券・投信を自社に預け替えしていただくアプローチを考えます。

2015年5月までは外国株と外国債券の移管手続は移管先の証券会社で行っていましたが、2015年6月1日以降は移管元の証券会社で行うようになりました。

よって以前は預かっていた外国株や外国債券が突如、他社に移管されてしまうといったケースがありましたが、現在はなくなりました。

また、投信の移管は以前はできませんでしたが、2007年1月から可能となっています。

現在は株式・債券・投信のいずれも移管が可能で、手続きは移管元の証券会社で行う形になっています。(債券や投信は移管先の証券会社で取扱いがある商品でないと移管できません)

つまり、移管をするには顧客がわざわざ現在預けている証券会社に行って手続きをする必要が発生します。

さらに顧客は少なからず悪いと思う気持ちもあるでしょうし、手続きに行った際は引き留めにもあうと思われます。

また証券会社によっては移管手数料を取るところも多くなっています。

よって証券会社の営業担当者が顧客に自社への移管をお願いする場合は、信頼を得てメリットを提供できるようにアピールする必要があります。

ただお願いしただけでは、簡単に移管してくれることは期待できません。

移管してもらいやすいタイミング

上記に記載した通り、移管にはそれなりに高いハードルが存在します。

ではどのような時に移管をしてもらいやすいかというと、それは「お客様が不満を持っている時」です。

顧客が不満に思うタイミングで最も一般的なのは、損失が膨らんでいる時です。

個別の理由で担当者とトラブルになっている時も不満に思っている時に該当しますが、これは中々予測できません。

よって移管のアプローチをするタイミングとしてはマーケットが低迷している時ということになります。

そしてここで重要になるのが、日頃から顧客の他社状況を把握しておくことです。

他の証券会社でどのような資産クラスの商品を持っているのかによって損失が出るタイミングや損失の大きさが変わってきます。

よって移管セールスの第一歩は他社で保有しているポートフォリオの把握ということになります。

そしてマーケットの悪化時は自身の顧客も損失を抱え動きにくいタイミングだと思います。

そのようなときに新たな提案をしても成約する確率は通常よりも低くなると考えられますので、目線を変えて移管アプローチに専念するには良いタイミングと言えます。

移管の提案手法

最も移管の頻度が多いのが株式の移管です。

株式の移管のアプローチをする際に活用する手法としては「株券貸借取引(貸株)」と「特約付株券貸借取引(カバードコール)」があります。

当面売却する予定のない株式の場合は「貸株」で貸株料を受け取ることができます。

含み損を抱えていてある程度までリバウンドしたら売却したい株式の場合は「カバードコール」を行うことで、指値をしながら金利を受取れます

これらは各証券会社でキャンペーンなどをして高い金利を提供していることもあるのでその際は積極的に活用すべきです。

また、同様に移管元証券会社に支払う移管手数料を負担するキャンペーンを行っていることもあるのでこちらも活用すべきです。

そして、株式・債券・投信の中で移管をしてもらうインセンティブが最も高いのは投信です。

投信の信託報酬の一部は販売会社にも支払われています。

よって投信を移管してもらい、預かり資産となるだけで収益が発生します。(株式や債券は売買して初めて収益が発生します)

一時期、大手証券で残高の多い投信の販売会社に加わるといった動きが活発化しました。

例えばグローバルソブリンオープンなどで、これは自社の顧客に提案していくというよりは、移管による資金導入を狙って販売会社に入ったものと考えられます。

投信の移管を狙うには、上記の通り、顧客が保有している投資信託を定期的にヒアリングして把握しておくことが重要です。

その上で売却した方が良いと思うものは売りの提案をし、保有しつけた方が良いと思うものは移管の提案をします。

債券や仕組債は移管できないものもそれなりに多いと思われます。

通常は株式や投信に付随して移管してもらうケースが多いです。

投資や外債などで為替の含み損があるケースでは為替スーパーボール(為替ジャンプアップ債)の提案も有効です

もちろん必ずしも移管する必要はなく、売却したうえで入金してもらっても可能ですが、その場合、タイムラグができる可能性があります。

タイムラグを極力なくす為には、移管した上で投信や外債の売りと、為替スーパーボール(為替ジャンプアップ債)の買いを約定するのが理想的です。



-資格・スキルアップ