ファイナンシャルスター

株式・債券・為替・REIT・投信・会計・税制など Copyright©2016-2021 financial star

投資信託

好配当グローバルREITプレミアム・ファンド通貨セレクトコース (トリプルストラテジー)

こちらのページでは「グローバルREIT」に「カバードコール」と「高金利通貨ヘッジ」を組み合わせた「好配当グローバルREITプレミアム・ファンド通貨セレクトコース (トリプルストラテジー)」について掲載しています。

「グローバルREIT+カバードコール+高金利通貨ヘッジ」についてのポイントや注意点を掲載していますので参考にしてください。

実質的な運用会社

  • TCWインベストメント、ユニオンバンケールプリヴェUBP
    (委託会社:損保ジャパン日本興亜アセット)

投資対象

  • ①グローバルリート:配当利回り2.6%
  • ②通貨選択型(メキシコペソ・インルピー・インドネシアルピア・ロシアルーブル・トルコリラ・人民元におおよそ1/6ずつ)通貨プレミアム:4.1%
  • ③カバードコール(コールオプションの売り):オプションプレミアム:9.3%
  • ①+②+③=16.0%(信託報酬控除後14.1%)
    (データは2021/1末基準)

商品組成上の特徴

  • 3階建て(愛称:トリプルストラテジー)
  • グローバルREIT+カバードコール+高金利通貨ヘッジ

主な販売会社(販売手数料)

  • 楽天:ノーロード(IFA一律2.2%)
  • SMBC日興証券:ノーロード
  • 新生銀行:5000万円未満1.1%、5000万円以上0.55%

信託報酬

  • 1.938%

トリプルストラテジーのポイント

グローバルリートは米国リートが大半を占める

カバードコールでインカム収入アップ

  • グローバルリート下落時もカバードコールのオプションプレミアム分だけカバーできる。よって、マーケットの下落時にはある程度強いファンドといえる。

為替取引によるプレミアム戦略

  • 為替取引によるプレミアム戦略により、高いインカム収益を獲得
  • 金利水準や成長性等を考慮し原則6通貨で為替取引を行う
  • 各国の金利環境等により取引通貨を見直していく
  • 現在の取引通貨以外の候補はフィリピンペソ、ポーランドズロチ、カナダドル、ブラジルレアルなど

トリプルストラテジーのリスク・デメリット

カバードコールはマイナス要因になりやすい(最大のポイント)

  • カバードコールの平均行使価格109.3%、カバー率69.6%ということは、オプションプレミアムを得る為に、ポートの約69.6%部分は9.3%以上の値上がりを放棄していることになる。
  • よって、リートの上昇時にはマーケットの上昇についていけなく、下落時はマーケットと同様の下落となる。
  • 当ファンドのカバードコールの効果は兄弟商品であるダブルストラテジー(ヘッジあり)とS&P世界リート指数(米ドル建て)の騰落率の差で説明ができる。例えば、2013/1/29~2016/8/31では-30.34%。
  • 結果的にカバードコールは2013/1/29~2016/8/31では平均すると年率10%程度のプレミアムを得られるが、プレミアムを入れてもトータルでは-30.34%のマイナス効果となったことになる。
  • カバードコールは「コールオプションの売り」であり、やはり、オプションの売りポジションは、長期的にはマイナスになりやすいことがよく分かる結果である。仕組み債も多くの商品はオプションの売りであり、同様の結果になる。逆にコールオプションの買いポジションと同じ経済効果である転換社債(CB)への投資は長期的には利益を生みやすいと言える。(転換社債についての詳細はこちらを参照:転換社債(CB)の仕組み・特徴・ポイントを分かりやすく説明

高金利通貨の下落リスク

  • 為替取引によるプレミアム戦略おいて6つの高金利通貨に投資する形となるが、これらの通貨は金利収入が大きい反面、下落リスクも高くなる

投資対象が同じ投信(類似ファンド)

  • ラサールグローバルリート(日興アセット)
    • 実質的な運用はラサール
    • トリプルストラテジーとは異なり、通貨選択やカバードコールは行わない純粋なグローバルリート投信
  • ワールドリートオープン(三菱UFJ国際投信)
    • 実質的な運用はモルガンスタンレー・インベストメント
    • トリプルストラテジーとは異なり、通貨選択やカバードコールは行わない純粋なグローバルリート投信

関連ページ

好配当グローバルREITプレミアム・ファンド通貨セレクトコース (トリプルストラテジー)の月次レポート等はこちらを参照!

米国リートの長期チャートや利回りの推移はこちらを参照!



-投資信託
-