ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

ピクテ新興国インカム株式ファンド

投稿日:2016年10月4日 更新日:

ピクテ新興国インカム株式ファンドの商品概要やセールストーク、リスクを掲載しています。

データや内容は随時、更新しています。

実践で役立つ内容を心がけています。お役に立てれば幸いです。

実質的な運用会社

  • ピクテ投信投資顧問株式会社

投資対象

  • 新興国株式

商品組成上の特徴

  • 特になし

主な販売会社(販売手数料)

  • 三菱東京UFJ銀行:一律2.268%
  • 楽天証券:1,000万未満2.16%、1億円未満1.62%、1億円以上1.08%

信託報酬

  • 1.992%

良い点・見通し(セールストーク)

高利回りと高成長性

  • 高い配当利回りを獲得しながら、新興国の中長期的な発展から得られる大きなリターンを目指すファンド
  • 配当利回り4.3%
    (データは2017/8/31基準)

世界経済に占める新興国の割合

  • 先進国の経済成長が緩やかなのに対し、新興国は高い成長を続けている。
    emerging_gdp
  • 今後も世界経済の中で新興国の存在感は高まると予想される。
  • 新興国の各種マクロデータは「新興国マクロデータ推移」を参照

新興国の1人当たりGDPと日本の高度成長期

中所得層の増加による内需拡大

  • 中所得層の増加により個人消費が拡大し、経済成長を促すだけでなく、経済の安定性も高まる
    emerging_chuushotoku

新興国と先進国の外貨準備高の推移

  • 新興国の外貨準備高は大幅に増加し先進国を凌ぐ水準となったことで、通貨の安定性が高まっている
    emerging_gaikajunbi

新興国株式は歴史的に割安な水準

  • PBRは歴史的に見ても低水準
  • PBRは過去20年平均から-1σ(標準偏差)の水準で、過去この水準から投資した場合、良好なパフォーマンスとなった
    emerging_pbr

新興国の中でも高い配当利回りの株式に投資

  • 持続的、安定的な成長が期待できる企業に投資
  • 投資ユニバースは約70か国、約6,000~6,500銘柄
  • 特定の銘柄、国、通貨に集中せず、分散投資を行う
  • 高成長国(中国.インドなど)、準先進国(台湾、韓国など)、資源国(ブラジル、南アフリカ、ロシアなど)にバランスよく分散

新興国株式は先進国株式より高いパフォーマンス

  • 1997年~2016年の国別の株式パフォーマンス(米ドルベース)によると先進国株式と比べて新興国の方が高いパフォーマンスとなっている
  • 下記は米ドルベースの国別株式リターンの上位10か国の推移
  • 1997年から2016年までの20年間では1998年を除く残りの19年で新興国株式が先進国株式を上回るリターンとなっている
  • 2001年~2007年はトップ10全てが新興国株式となった
  • 1998年はロシア危機とアジア通貨危機で新興国の株式と通貨が共に大幅に下落したことで新興国の米ドルベース株式リターンが低くなったと考えられる

リスク調整後リターンでも新興国株式は先進国株式を上回る

  • 一般的に新興国株式は期待リターンが高くても、その分リスク(ボラティリティ)も高いと考えられているが、過去のデータでは必ずしもそうでないことを示している
  • 下記は上記と同様に1997年~2016年の国別の株式パフォーマンスであるが、こちらはリスク調整後リターンの上位10か国の推移
  • リスク調整後リターンでも多くの年で新興国株式が先進国株式を上回っていることがわかる
  • このことから特に中長期の運用においては、一部でも新興国株式を組入れておいた方がリターンは高まる可能性が高く、ポートフォリオの最適化にも貢献すると考えられる

多くの新興国に分散

  • 投資ユニバースの中から常時20ヶ国前後の株式に投資
  • 新興国はどの国も高い成長ポテンシャルがあり株式の投資対象として魅力的であるが、政治・経済・社会情勢などが不安定であることも事実
  • 幅広い国に投資することで個別国に起因するリスクを分散し長期的な資産拡大が期待できる

アワードの受賞

  • モーニングスターアワード・ファンドオブザイヤー2016 国際株式型 優秀ファンド賞受賞

ピクテの運用

  • 1805年スイス・ジュネーブで創業、200年以上の歴史がある運用会社
  • 日本には1981年進出
  • 1850年から新興国への投資を行っており、業界最大規模の新興国専門運用チームを持つ

悪い点(リスク)

  • 一般的には新興国株は先進国株と比較してボラティリティが大きく、市況が悪化した場合大きな下落もありうる

投資対象が同じ投信(類似ファンド)

eMAXIS 新興国株式インデックス

  • 低コストの新興国株式インデックスファンド

関連ページ

ピクテ新興国インカム株式ファンド運用会社サイト

世界の人口推計

人口上位20か国の推移

主要国の人口ピラミッド 2015年・2050年比較

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-投資信託

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.