ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)Copyright©2016-2018 financial star

知識・ノウハウ(税金・会計・節税)

遺言信託と遺産整理業務/できれば遺言信託を利用すべき

投稿日:

できれば事前にやっておきたい遺言信託

ある程度資産がある場合、相続が発生すると様々な問題が発生します。

  • 相続人間の争いが発生
  • 資産・負債の特定に手間がかかる
  • 不動産・自社株などの配分方法が決まらない
  • 株式・投信の売却、預金の解約など金融機関での手続きが大変

相続は一生の間に何度も発生するわけではありませんので誰もが不慣れです。

一定期間内に相続人全員が集まって協議をし、書類を作成して、金融機関での手続きを行うことは想像以上に大変です。

そのため多くの金融機関(信託銀行)で遺言信託の活用をすすめています。

個人的にも一定以上の資産家の方は遺言信託を利用すべきと考えます

遺言信託は必ずしも金融機関(信託銀行)で行わなければならないものではなく、弁護士や司法書士に直接依頼する人も多いようです。

弁護士や司法書士に直接依頼するメリットはコストが安い点です。

逆に金融機関(信託銀行)に依頼するメリットは信用力です。長期間、遺言を保管したり金融機関での手続きを依頼する上で安心感があります。

遺言信託の流れです。

遺言信託の流れ

遺言書の作成は実は意外と大変です。

分割の仕方によって相続税が高くなるケースもあります。

遺言信託では遺言書の作成に関するアドバイスも行うため、遺言書作成の手間が大幅に軽減されます

また、遺言書を作成した後も財産や相続人の状況は変化する可能性があります。

財産が大きく変化していた場合、遺言書が効力のないものになる可能性もあります。

遺言信託であれば適宜フォローしてもらえるので、遺言書の修正のきっかけを提供してくれます

実はこの遺言書のアップデートは意外と重要です

また、遺言書があることで相続財産の特定と配分がスムーズになります。

相続が発生してしまった場合は遺産整理業務

遺産整理業務は相続が発生した後に面倒な手続きをサポート・代行してれる業務です。

遺産整理業務も金融機関や弁護士・司法書士が積極的に取り組んでいます。

上記の遺言信託に申込んでいれば、その中で同様のサービスが提供される為、遺産整理業務を別途申込む必要はありません

遺言信託を利用しておらず、相続発生後の手続き負担を軽減したい人が利用するサービスです。

遺産整理業務の流れです。

遺産整理業務の流れ

遺産分割協議はあくまで相続人間で行う必要があり、円満に解決できるようサポートは行いますが、相続人の間で争いが発生したりするリスクはあります。

よって、できれば遺言信託を活用することが望ましいといえます。



-知識・ノウハウ(税金・会計・節税)