ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

「知識・ノウハウ(税金・会計・節税)」 一覧

富裕層営業(プライベートバンキング業務)を行うために必ず知っておくべき信託業務

様々な種類の信託業務 富裕層向けの営業を行う際に必ず出てくるのが信託業務です。 所属している金融機関(会社)により信託業務を取り扱える方と取り扱えない方がいると思いますが、取り扱いえない方もライバルの ...

自社株TOBイメージ

自社株TOBのメリット / みなし配当で益金不算入を活用できる

富裕層が利用する自社株TOBとは 自社株TOBは上場企業の大株主となっているオーナー家の資産管理会社で活用されます。 上場企業が自己株式を市場で買付する際、売却に応じた株主が法人の場合は売却による損益 ...

相続税対策 賃貸用不動産

なぜ不動産(アパート・マンション等)購入で相続税対策ができるのか仕組みを分かりやすく説明

相続税対策は選択肢がほとんどない 現在の日本で相続税を減らす対策は非常に限られています。 年を追うごとに規制が厳しくなり、相続税(相続税評価額)を圧縮する対策がどんどんできなくなっています。 2010 ...

法人の財務担当者に喜ばれる「外国籍投信」<分配金は全て利益計上できる>

外国籍投信 外貨資産に投資する投信という意味ではなく、投資信託の分類としての「外国籍投資信託」です。 ここでのポイントは外国籍投信には「特別分配金」という概念がないということです。 法人が通常の国内籍 ...

法人が購入した投資信託は貸借対照表(B/S)上、どの勘定科目に掲載するか

法人が購入した投信の勘定科目は2パターン 一般的に法人が投資信託を保有する場合、2つのパターンがあります。 ①銀行預金の代替として基本的に元本割れがないMMF等 ②債券、外債、株式、REIT等でリスク ...

法人が金融商品を購入した場合の源泉徴収税率

法人の源泉徴収税率は金融商品ごとに異なる 法人が金融商品を保有して利益が出た場合は個人とは異なり、分離課税ではなく本業の利益などと合算して法人課税となります。 ただし仕組みとしては一旦、源泉徴収されて ...

オペレーティングリース(JOL)を活用した節税【多くの法人が契約】

オペレーティングリース(JOL)とは 匿名組合を経由して10年程度、航空機や船舶を保有する取引です。 航空機や船舶を保有することで1年目や2年目に大きな減価償却費が発生、その分を税務上も損金として計上 ...

富裕層にのみ関連する税金について

株式の配当金 一般の投資家は申告分離課税 一般の個人投資家は申告分離課税が選択できます。 特定口座(源泉徴収あり)を選択しているケースが多く、この場合、株式・債券の売却損失があればこれと損益通算して、 ...

株特はずし

株特はずしを行う際に投資信託は活用できるか?

株特外し(かぶとくはずし)とは 一般的には企業オーナーやその一族が所有する資産管理会社の株式(自社株)の評価に関連する内容です。 例えば上場企業オーナーが所有する資産管理会社では保有資産のほぼ全てが上 ...

法人の源泉徴収

法人が株式投資信託を売却した場合の課税関係について

法人課税 個人とは異なり、法人の場合は本業以外の運用等で利益が上がった場合でも、最終的には決算時に合計して処理されるため、本業の利益と同様の法人課税となります。 個人のように20%分離課税のような概念 ...

受取配当等の益金不算入制度(概要・変更点)

法人に関する受取配当金の益金不算入制度 法人に関する受取配当金の益金不算入制度の概要 法人が受け取る配当金に対する二重課税を軽減するための制度です。 よって個人投資家は関係ありません。 例えば100% ...

私募投信に関する課税(個人)

個人が私募株式投資信託に投資した場合の課税

個人が私募株式投資信託に投資した場合の課税 (個人の所得税・住民税) 私募投信の税金(個人)   一覧にすると上記のようになりますが、やや分りにくいと思います。 通常のパターンでは「分配金」 ...

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.