ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)Copyright©2016 financial star

知識・ノウハウ(株式)

高配当株(好配当株)ETFのパフォーマンスを検証する

投稿日:

ETFや投資信託で高配当株に投資するものが多く設定されていますが、通常のインデックスより高配当株の方がパフォーマンスが良いのか疑問に思ったのでここで検証したいと思います。

米国株と日本株の代表的な高配当株ETFを取り上げて一般的な指数であるS&P500やTOPIXと比較してみます。

米国の高配当株(好配当株)ETFのパフォーマンス比較

米国株の高配当株(好配当株)ETFとして「iシェアーズ好配当株式ETF(DVY)」を取り上げます。

「iシェアーズ好配当株式ETF(DVY)」のトラックレコードは2002年からありますが、ここではより長期の比較を行うために「iシェアーズ好配当株式ETF(DVY)」の参考インデックスである「Dow Jones U.S. Select Dividend Index」を活用してS&P500と比較します。

下記は1992年からの「ダウ・ジョーンズセレクト配当込指数(Dow Jones U.S. Select Dividend Index)」S&P500指数(トータルリターン)の比較チャートです。

米国高配当株のパフォーマンス比較長期

1992年1月~2018年2月の長期チャートでは高配当株(好配当株)がS&P500を大きく上回っています。

1992年1月を100とすると2018年2月には高配当株(好配当株)が1900S&P500が1128です。

26年間という長期ですが約19倍と約11倍ですのでかなり大きな差となっています。

これを見る限り、好配当株のパフォーマンスは良いと言えそうです。

では次に2009年1月からの比較チャートを掲載します。

米国高配当株のパフォーマンス比較短期

2009年1月からではほぼ同じようなパフォーマンスとなっています。

若干、S&P500の方が上回っています。

これを見ると好配当株のパフォーマンスは必ずしも良いとは言えなさそうです。

日本の高配当株(好配当株)ETFのパフォーマンス比較

次に日本株の高配当株(好配当株)を確認してみます。

日本株の高配当株(好配当株)ETFとして「iシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETF(1478)」を取り上げます。

「iシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETF (1478)」のトラックレコードは2015年からと短いため、「iシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETF(1478)」の参考インデックスである「MSCIジャパン高配当利回りインデックス」を活用します。

下記は1992年からの「MSCIジャパン高配当利回りインデックス」TOPIX(トータルリターン)の比較チャートです。

日本高配当株のパフォーマンス比較長期

こちらも上記の米国高配当株(好配当株)と同様に1992年1月~2018年2月の長期チャートでは高配当株(好配当株)がTOPIXを大きく上回っています。

1992年1月を100とすると、2018年2月には高配当株(好配当株)が331S&P500が155です。

次に直近の比較です。

上記の米国株は2009年1月からのデータで比較しましたが、日本株は過去5年で比較しました。
(2009年1月からでは分かり易いデータにならなかったので5年で比較してみました)

日本の高配当株のパフォーマンス比較短期

過去5年の比較ではかなり同じような推移となっています。

さらに僅かですがTOPIXの方が高いリターンとなっています。

日本株の高配当株(好配当株)も米国株と同様に長期では高配当株(好配当株)のパフォーマンスが良いが、直近では優位性はないといった結果となりました。

配当貴族指数についての分析

連続増配企業の株式で構成される「配当貴族指数」というインデックスがあります。

米国株のS&P500配当貴族指数は25年以上連続増益、日本株のS&P/JPX配当貴族指数は10年以上連続増益または安定した配当を維持しているの銘柄が対象銘柄となります。

高配当株(好配当株)とは少し性格が異なりますが、「配当」というキーワードで繋がっていることから念のため確認したところ、パフォーマンスの特性は高配当株(好配当株)と同じような形となりました。

長期では大きくアウトパフォームしているが直近では優位性がなくなっています。(同じようなチャートになるので掲載しません)

高配当株(好配当株)のパフォーマンスについてのまとめ

長期のパフォーマンスでは高配当株(好配当株)の優位性がみられましたが、直近数年の比較では優位性はなく、S&P500やTOPIXとほとんど同じ動きになりました。

日米ともにITバブル時の2000年前後に高配当株(好配当株)のパフォーマンスが悪化しており、成長株が優位なマーケットでは高配当株(好配当株)が劣後することが分かります。

直近で高配当株(好配当株)の優位性がなくなっていますが、高配当株(好配当株)のETFやファンドが増加していることも要因の1つと考えられます。



-知識・ノウハウ(株式)