ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

ブルベアファンドの仕組み

投稿日:2016年7月1日 更新日:

ブルベアファンドとは

最近、日本株投資で効率的に値幅を獲得する手段としてブルベアファンドが人気です。

ブルベアファンドとは先物などを利用して対象となる指数の2倍や3倍の動きをするファンドです。

以前は公募投信のブルベアファンドが一般的でしたが、終値ベースでの取引しかできず、使い勝手が必ずしも良いとは言えませんでした。

現在では日中取引が可能なETFが使いやすく一般的となっております。

例えば代表的なETFである「NEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信」(通称 日経レバ)(1570)の場合、日々の騰落率が日経平均の2倍の動きをします。

ここで注意すべきは、あくまで「日々の」騰落率の2倍になるのであって、2日以上離れた日で比較するとちょうど2倍の動きになることはありません。特に上下に上がったり下がったりを繰り返すと、日経平均の2倍のパフォーマンスに比べて悪くなっていきます。

これはファンド内の先物のオペレーション(取引)で考えると分りやすくなります。

ブルベアファンドの動き

ある期間の日経平均と2倍ブルファンドの動きを下記に掲載します。

上下に動いた場合(通常のパターン)

bullbear1

  • まず、日経平均の2倍の動きにするため、先物は純資産の2倍保有します。
  • 1日後では日経平均が10%上昇したので先物の時価は22,000になりますが、純資産価格は12,000です。翌日も2倍の騰落率にするには先物を24,000保有する必要がありますので2,000買い増す必要があります。
  • 2日後はその逆で日経平均が-9.1%となったことで24,000の先物が21,818に下落します。しかし純資産は9,818ですので翌日も2倍の騰落率にするには先物は19,636で足りるため、21,818-19,636=2,182を売却する必要があります。
  • このように日経平均が上昇した日は買い増し、下落した日は売却を繰り返していくことになります。
  • 「高い日に買って、安い日に売る」を繰り返していくことになるので、長期で保有すればするほど、日経平均の2倍のパフォーマンスより下に乖離していくことになります。

連続上昇の場合

  • 例外として
    日経平均がほぼ連続して上がり続けた場合や下がり続けた場合は、日経平均の2倍より良くなります
  • 日々の先物のオペレーションとしては
    (A)→(B)に先物残高を修正することになる(上がった日は買い、下がった日は売り)
    bullbear2

連続下落の場合

bullbear3

  • 連続上昇、連続下落の場合は日経平均の2倍の騰落率より上回る成績となっている

日経平均と日経レバ(1570)騰落率比較

(2014/12/30~2016/4/30)

  • 日経平均:17,450→16,666:-4.5%
  • 日経レバ:13,170→11,230:-14.7%
  • この期間は上下にジグザグに動いたマーケットであったため、長期間保有すると日経平均の2倍のパフォーマンスに比べて大きく劣後した。

ベアファンドのネガティブキャリーコストについて

日経平均ベアファンドや債券ベアファンドの場合、株式や債券を空売りするのと同じ経済効果になりますので、債券であれば利回り、株式であれば配当利回りの分がマイナスに計上されます。

株や債券を保有していれば得られるものは売り建てした場合は支払うことになります。

レバレッジの比率が高いベアファンドはその分マイナスの影響が大きくなります。

また、債券の利回りや株式の配当利回りの水準が高い投資対象もマイナスの影響が大きくなります。

また長期で保有した場合、マイナス利回りの影響が大きく響いてきますので注意が必要です。

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-知識・ノウハウ(投信)

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.