ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

豪州REIT(S&P/ASX200 A-REIT指数)長期推移(チャート・変動要因)

投稿日:

豪州リート及びS&P/ASX200 A-REIT指数について

  • オーストラリアのリート市場の創設は米国、オランダに次いで世界で3番目に古く、1971年のジェネラル・プロパティ・トラストの上場でスタートした
  • 1990年代に年金資金の流入で拡大したが、1997年のアジア通貨危機による混乱で一時停滞した
  • 2000年以降、法整備が進みリートの再編、活性化が進んだ
  • ASX200 A-REIT指数はオーストラリア証券取引所に上場する全REITを浮動株調整後の時価総額加重平均で算出した指数で、S&Pが公表している

豪州REIT(S&P/ASX200 A-REIT指数)長期推移

豪州リート長期

豪州リート配当込長期

  • 長期的な推移はJ-REITに近い動きとなっており、2007年2月に2580ポイントを付けた後、大きく下落し、2009年3月には535ポイントまで下落。その後上昇トレンドとなっているが、2007年の高値を更新できていない。ただし、分配金込みのS&P/ASX200 A-REIT指数は2016年に2007年の高値を更新した。

豪州REIT(S&P/ASX200 A-REIT指数)推移と変動要因(2000年代)

豪州リート2000年代

  • 2000年以降、2007年までは世界的な好景気の中ほとんど調整なく上昇した。2000年3月の1230から2007年2月の2580ポイントまで上昇した。
  • この間、スーパーアニュエーションと呼ばれる積立型の退職年金制度からの資金流入が活発化したことも豪州REIT(S&P/ASX200 A-REIT指数)の上昇を支えた。
  • 2007年の米国サブプライム問題や2008年のリーマンショックの影響で2009年3月には535ポイントまで下落
  • リーマンショック後の2009年は米国、日本、ドイツなど多くの先進国で実質GDP成長率がマイナス成長になる中、オーストラリアはプラス成長を維持するなど、経済基盤が強いことで知られるが、金融市場が世界的にリスクオフムードとなる中、豪州REITも大きく下落した。

豪州REIT(S&P/ASX200 A-REIT指数)推移と変動要因(2010年代)

豪州リート2010年代

  • 豪州REIT(S&P/ASX200 A-REIT指数)は2009年を底に2010年代には入ってからも上昇トレントとなっているが、米国や日本のリートと比較すると回復度合いが低くなっている
  • それでもJ-REITと同じくトータルリターンでは2016年に2007年の高値を更新しているのは豪州リートの配当利回りが他のリートと比較して高いことが要因と考えられる
  • 2016年は豪州REIT(S&P/ASX200 A-REIT指数)が下落し、2016年8月の1560ポイントから2016年11月の1240ポイントまで下落した。この間、オーストラリア10年国債利回りは1.8%から2.8%まで上昇しており、これが直接的な要因となったと考えられる。

関連ページ

オーストラリアのリートに関連するセールストーク等はこちらを参照してください

アジア好利回りリート・ファンド

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-お役立ちデータ集

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.