ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

インドルピー為替レート(円/インドルピー、インドルピー/ドル)長期推移(チャート・変動要因)

投稿日:

インドルピー(INR)レート長期推移

円/インドルピーチャート長期

インドルピー/ドルチャート長期

  • 対米ドルでは長期下落トレンドが継続している
  • 下落する要因はその時々でさまざまであるが、財政赤字、経常赤字、高いインフレ率、米国の利上げによる資金還流などが考えられる
  • 変動相場制に移行したのは1993年3月(正確には大きな変動がある場合は中央銀行が介入する管理変動相場制)
  • ただし1990年代までは実質的に強い管理の下での運営が行われており、実質的に変動相場制になったのは2000年代以降である
  • 対円では1973年3月の1インドルピ=35円から1.72円まで大幅な円高インドルピー安となっている(約1/20となった)
  • これは、インドルピーが対ドルで1ドル=8インドルピーから64インドルピーまで下落(1/8になった)したことと、円が対米ドルで1ドル=265円から110円前後に上昇(2.4倍になった)したことによる

インドルピー(INR)レート推移と変動要因(1970年代)

円/インドルピーチャート1970年代

インドルピー/ドルチャート1970年代

  • インドはもともとイギリス領であり、1975年9月まで英ポンドにリンクしていた
  • 1950年代~1970年代終わりまで長期にわたる経済の低成長が続いていたがインドルピーは管理相場制の中で安定した推移となった

インドルピー(INR)レート推移と変動要因(1980年代)

円/インドルピーチャート1980年代

インドルピー/ドルチャート1980年代

  • 1980年代は経済成長率が高まった一方で、財政赤字と経常収支の悪化が進み、通貨の切り下げを余儀なくされた
  • 1980年代初めの1ドル=8インドルピーから1980年終わりには1ドル=17インドルピーまで下落した
  • 1980年代前半に関しては米国の高金利政策による米ドル高も対米ドルでインドルピーが下落したことに影響を与えたと考えられる

インドルピー(INR)レート推移と変動要因(1990年代)

円/インドルピーチャート1990年代

インドルピー/ドルチャート1990年代

  • 1991年7月、外貨準備の大幅減少により2度の通貨切り下げをおこなった
    (7/1に1ドル= 21.2INRから23.1 INRに切り下げ、7/3に1ドル=23.1INRから25.8INRに切り下げ)
  • 1992年3月、2重為替相場制を導入
  • 1993年3月、変動相場制に移行した(正確には大きな変動がある場合は中央銀行が介入する管理変動相場制となっている)
  • ただし内外に変動相場制を公表した1993年3月以降、実態は1ドル=31インドルピー前後で実質米ドルペッグ制をとり1995年7月まで続けた。その後も何度か短期的ではあるが実質米ドルペッグとなるような金融政策を行った
  • 1997年アジア通貨危機の影響を受けインドルピーも下落

インドルピー(INR)レート推移と変動要因(2000年代)

円/インドルピーチャート2000年代

インドルピー/ドルチャート2000年代

  • インドは多くの期間で経常収支が赤字となっているが、2001年から2004年までは経常黒字が続いたこともあり、インドルピーは対米ドルで初めて上昇した
  • 新興国への投資がブームとなった2005年から2007年もインドへの基本流入が加速しインドルピーは対米ドルで上昇した
  • 結果的に2002年3月の1ドル=49インドルピーから2007年12月の1ドル=39インドルピーまで上昇した
  • この間、高い経済成長率を実現したことや外貨準備高が大幅に増加したこともインドルピー高の要因となったと考えられる
  • 2008年のリーマンショック時は世界的なリスクオフムードの中、他の新興国通貨と同様に下落した

インドルピー(INR)レート推移と変動要因(2010年代)

円/インドルピーチャート2010年代

インドルピー/ドルチャート2010年代

  • 2011年9月以降、大幅なインドルピー安トレンドとなり1ドル=45インドルピーから2016年12月には1ドル=69インドルピーまで下落した
  • 下落した要因として、2012年~2013年は8%前後の政策金利に対してインフレ率が10%前後と高く実質金利が低下したこと、2013年以降は米国の利上げ観測で新興国からの資金流出が発生してしたこと、経常赤字・財政赤字が続いたことがあげられる
  • ただしブラジルレアル、ロシアルーブル、メキシコペソなど他の新興国通貨と比較して下落幅は相対的に小さいものとなった

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-お役立ちデータ集

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.