ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

日本の破綻に備えるなら米ドルでリスクヘッジ、米国(FRB)もダメなら金(GOLD)でリスクヘッジ

投稿日:

富裕層のニーズはお金を増やすことよりお金を守る

金融資産が10億円くらいまでの資産家であれば効率的にお金を増やしたいというニーズはありますが、これが20億円、30億円と増えるにつれてお金を増やすよりもお金を守りたいというニーズが増えてきます。

特に近年は1000兆円以上に拡大してきた国の財政赤字がどこかでクローズアップされ、円(JPY)の価値が低下するのではないかといった懸念が増加しています。

また、順調と言われている米国をはじめとするグローバル経済も潜在的なリスクを抱えていて大きなショックが起こるのではないかといった声も良く聞かれます。

日本だけの問題かグローバルな問題化で対応は異なる

まず、日本の借金問題(財政問題)に対するリスクヘッジは、米ドルをはじめとする外貨を保有するのが王道です。

国の財政が破綻するのに通貨が買われることは理論的に考えにくいと思われます

リスクオフになると円が買われて円高になるケースが多いですが、これは日本が破綻しないということが前提となっています。

「日本の国債の保有者は大半が日本人なのでショックにはならない」

「日本は惜金も多いが資産も多いので破綻することはない」

現在はこのような見方が多く、すぐに日本が破綻すると考えている人は少数派ですが、今のままいくと将来のどこかで日本の財政問題がクローズアップされて日本売りとなる可能性があります。

戦後に財政が行き詰まり、預金封鎖や財産税が導入されたのも今と同じように国の借金が名目GDPの2倍を超えた水準でした。

ショックはいつ訪れるか分からないので、それに備えて一定割合は外貨で保有すべきと考えます。

通貨はなるべく分散した方がベターですが、基軸通貨であることと中長期的には金利水準が相対的に高い点から大部分は米ドルで十分だと思います。

次に米国を中心とした世界経済に対するリスクヘッジです。

リーマンショック時をイメージすると分かり易いですが、世界的な景気後退が発生すると世界中の中央銀行が金融緩和を行います。

リーマンショック後は日・米・欧の中央銀行(日銀、FRB、ECB)がいずれもマーケットから債券等を購入し、自身のバランスシートを拡大させました。

日銀、FRB、ECB共に100兆円前後のバランスシートが5倍の500兆円前後まで拡大しました。

FRBは2017年10月からバランスシートの縮小を段階的に行っていきますが、これも途中で景気が悪化した場合は再度、バランスシート拡大ということも想定されます。

現在の世界の通貨制度は金本位制などではありませんので、各国の通貨は国と中央銀行の信用力がベースとなっています。

よって中央銀行のバランスシート拡大は中央銀行の信認を低下させ、通貨も下落することになります。

実際、リーマンショック後はFRB→ECB→日銀の順番にバランスシートを拡大させ、当初、FRBのみがバランスシートを拡大した2008年~2011年は大幅な円高ドル安が進みました。

逆に日銀のみがバランスシートを拡大させた2013年以降は大幅に円安ドル高が進みました。

このように中央銀行のバランスシート拡大は当該通貨を安くすることが分かります。

さらに上記にあるように日銀、FRB、ECBが共にバランスシートを5倍まで拡大したことで、そもそも先進国通貨の価値にリスクがあるのではないかといった問題も生じました。

最も安全性が高いとされる基軸通貨の米ドルでもその価値に疑念を抱く人が増え、米ドルの代替として金(GOLD)が大きく上昇しました。

金(GOLD)は2008年10月のFRBバランスシート拡大前は1バレル=700ドル前後でしたが、その後大きく上昇し2011年8月には1バレル= 1900ドルまで上昇しました。

金(GOLD)の価格推移についてはこちらをご覧ください!

過去の推移からも金(GOLD)は米ドルの代替となっています。

結論として、タイトルにもあるように「日本の破綻に備えるなら米ドル、米国(FRB)もダメなら金(GOLD)」を保有すること
をお勧めします。

今の金(GOLD)価格が安いから儲かりますという話ではなく、リスクヘッジを考えるのであれば一部だけも金(GOLD)を保有すべきという考え方です。

ちなみに金(GOLD)に投資する場合はコスト面や管理面からETFで保有するのがベストです。

例えば下記のような米ドル建てのETFで金(GOLD)を保有すると一石二鳥かもしれません。

  • SPDRゴールドシェア(GLD)
  • iシェアーズ・ゴールド・トラスト(IAU)

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-知識・ノウハウ(コモディティ)

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.