ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

ノックイン・デュアルカレンシー債(ノックイン2重通貨債)

投稿日:2016年6月27日 更新日:

債券タイプ

  • 仕組債

通貨

  • 円(額面100円)

対象アセット(インデックス)

  • 米ドル

条件

【ドル円スポットレートが1ドル=110円の場合の条件例】

  • 期間:3年
  • クーポン:2%
  • ノックインレベル:spot-10円(100円)
  • 米ドルスポットレート:110円
  • 期間中にノックインレベルの100円/ドルより円高にならなければ2%のクーポン、額面100円で償還。
  • 1度でも100円より円高になった場合、米ドルで償還される。この際の為替レートは110円でドル転となるため、円高による損失が急に表面化することになる。
  • 1度ノックインレベルを超える円高になっても3年後にドル・円レートが110円より円安になっていれば償還される米ドルを円転することによってプラスの利益となる。

ノックイン型ではないデュアルカレンシー債は、為替の判定が償還時のみとなるが、ノックイン型は期間中一度でもノックイン価格にタッチすると、外貨での償還が確定する。

よって商品性は似ており、良い点(セールストーク)と悪い点(リスク)はノックイン型ではないプレーンなデュアルカレンシー債とほぼ同様になる。

ノックインデュアル債組成フロー

良い点(セールストーク)

多少の円高はOK

  • 極端な円高にはならないと思うが、多少の円高の可能性は否定できないと思われている方にマッチする商品

大きく円安にも動かないときにマッチ

  • 円安・円高共に大きく動かないだろうという考えをお持ちの方にマッチする商品

円高リスクを抑えながら高利回り

  • 10円までの円高リスクを排除しながら2%の利回りを享受できる
  • 1度円高に振れても中長期で円安であれば利益を得られる

セールストークはデュアルカレンシー債(2重通貨債 )と共通の部分も多いのでこちらも参照:デュアルカレンシー債(2重通貨債 )

悪い点(リスク)

突然損失が表面化する可能性

  • 10円以上円高になった場合、突然10円の損失が表面化してしまう

上記以外のリスクはこちらを参照:デュアルカレンシー債(2重通貨債 )

関連ページ

仕組債の商品例一覧

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-債券・仕組債

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.