ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

米国学生ローンの残高が増えすぎ / 景気・マーケットのリスク要因

投稿日:

2016年ごろからサブプライム・ショックの再来として米国自動車ローンの残高増加が問題視されていましたが、実は自動車ローンよりも「学生ローン」の方がより大きな問題になりそうです。

とにかく米国の学生ローンを取り巻く環境は異常ともいえる状況となっています。

現在、米国では大学卒業生の約70%が学生ローンを借りており平均負債残高は平均34,000ドルもあります。

就職した段階で34,000ドル(1ドル= 110円換算で370万円以上)の借金はさすがに厳しくありませんか?

実際、学生ローンの延滞率も10%以上となっており、どう考えても無理がある状況となっています。

下記に米国の学生ローンの残高の推移や延滞率の推移を掲載します。

米国学生ローンの残高推移/負債残高は大幅に増加

米国学生ローン残高推移

学生ローンの残高は1.36兆ドル(1ドル= 110円換算で約150兆円)と2003年と比較すると7倍近くまで増加しています。

自動車ローンも2012年頃から再度増加傾向となっていますが、学生ローンは2009年に自動車ローンの残高を抜き、現在も学生ローンの方が残高が多くなっています。

上記にも書きましたが、70%の学生が平均370万円以上のマイナスから社会人をスタートさせます。

日本でも奨学金を活用している人がいますが、比率としては少数派で金額ももっと小さい金額です。

米国の大学の学費はどんどん値上がりして日本の大学よりはるかに高い金額となっています。

さらに日本の大学生は比較的時間に余裕がありアルバイトを掛け持ちでやったりもできますが、米国の大学は進級や卒業のハードルが高く、予習・復習・テスト対策など学校以外での勉強も忙しいことからアルバイトをする時間がかなり限られます。

そのため、それ程貧しい家庭でなくても学生ローンを借りないと大学に行けないということになります。

米国学生ローンの延滞率推移 / 延滞率は大きく上昇

米国学生ローン延滞率推移

元利金の支払いを90日以上滞納している延滞率をみると米国の学生ローンは2012年ごろから10%を超える延滞率となっています。

クレジットカードの延滞率はリーマンショック直後は13%台まで上昇しましたが、その後は改善傾向となっています。

自動車ローンの延滞率はリーマンショック直後の水準である約5%に近づいており、それを問題視するアナリストなどもいますが、学生ローンの10%超の水準と比較するとかなり低い水準です。

ただし米国の学生ローンは国(連邦政府)からの惜り入れが大半であるのに対し、自動車ローン・クレジットカードは民間金融機関からの貸出・与信が大半であるため延滞やデフォルトが増加した場合の経済やマーケットに対する影響度は自動車ローン・クレジットカードの方が大きいと言えます。

違う見方をするとと自動車ローン・クレジットカードの方が審査をしっかり行っており、学生ローンは相対的に融資を得られやすい環境になっている可能性も考えられます。

2008年のサブプライムローン・ショック時(リーマンショック時)と同様に、本来なら借りられない人に対する融資や本来あるべき限度以上の融資をおこなっていることになるかもしれません。

そういう意味では金融マーケット参加者の立場から見ると注意が必要と言えそうです。

また、学生ローンを抱えることで現在の20代~30代で住宅や自動車の購入を控える動きも出始めているようです

GDPの70%を占める米国個人消費の下押し要因となり、実体経済にも影響を与える可能性があります。

リーマンショック時の株式や債券の変化率はこちらをご覧ください:各資産の最大下落率(リーマンショック)



-お役立ちデータ(その他)

Copyright© ファイナンシャルスター , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.