ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

投信で外国株式や外国REITを買うと配当金が2重課税

投稿日:2016年7月2日 更新日:

投資信託の場合、海外の株式・REITの配当金は2重課税

海外の株式やREITを購入する場合、配当金に対して現地で源泉税が徴収され、さらに徴収後の金額に対して国内で所得税・住民税(20.315%)が課税されます。

投信でなく直接、株式やREITに投資する場合は、外国税額控除という制度があり、確定申告をすることで海外で源泉徴収された税金を取り戻すことが可能です。

しかし投信の場合はファンド内で配当金に対し源泉徴収された税金は取り戻すことができません投信の分配金や解約代金に課税させる分と合わせて2重に課税されることになります

よって海外の株式やREITは高い配当利回りが魅力のケースも多いですが、実際の利回りは月次レポートに掲載されている利回りよりも低くなります。

さらに租税条約の関係で「日本から直接投資する投信」と「外国籍投信を経由して投資する投信」で源泉徴収される率が違います。

例えば米国の株式やREITに投資する場合、「日本から直接投資する投信」では10%、「外国籍投信を経由して投資する投信」では30%と大きく違います。

  • 「日本から直接投資する投信」と「外国籍投信を経由して投資する投信」の税率が異なる理由を説明すると、本来、米国株・REITの非居住者の源泉徴収税率は30%ですが、日米の租税条約で日本人が投資する場合は10%となっています。
  • 外国籍投信は多くがケイマン籍やルクセンブルグ籍といったタックスヘイブンで設立されますが、これらの地域は通常、他国と租税条約がないため30%の税率となります

「(外国籍投信を経由しない)日本から直接投資する投信」は相対的に影響は小さいと言えますが、「外国籍投信を経由して投資する投信」ではかなり大きなインパクトになります。

月次レポートの配当利回りが5%となっていても「外国籍投信を経由して投資する投信」ではそのうちの30%は取り戻せませんので実質的な配当利回りは3.5%となります。さらにそこから信託報酬を控除すると2%と前後になってしまい、かなりイメージが違ってきます。

さらにその2%分の配当金を投信の分配金として受け取ると20.315%の税金がかかりますので厳密に言うと1.6%程度まで減少します。

株式・REITの海外源泉徴収税率
(取り戻せない税金)
tax_gensen

個別株の場合

  • 租税条約による制限税率(米国株では10%)が源泉徴収されますが、確定申告を行うことで外国税額控除により取り戻すことができます。
  • よって2重課税を回避できます。

投信の場合

  • ファンド内で上記の税率で課税され、取り戻すことはできません。
  • よって2重課税となります。
  • MLPに投資する投信の場合、MLPは上記とは別で35%の源泉税がかかり、取り戻すこともできません。よってこちらも2重課税となります。

その他

  • 株式・REITだけでなく、海外の国債や社債にも2重課税の問題は発生します。
  • しかし、大半の国では債券に関しては源泉税がかからないようになっているため、基本的に気にしなくても良いと思います。

 

関連ページ

新光US-REITオープン(ゼウス)/米国リートの投資環境

好配当グローバルREITプレミアム・ファンド通貨セレクトコース (トリプルストラテジー)

アジア・オセアニア好配当成長株オープン

アジア好利回りリート・ファンド

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド (健次)

ピクテグローバルインカム株式ファンド (グロイン)

米国エネルギーMLPオープン(エネルギー・ラッシュ)

野村グローバル高配当株プレミアム

ピクテ新興国インカム株式ファンド

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-知識・ノウハウ(投信)

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.