ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

OIS(Overnight Index Swap)レートについての分かりやすい説明

投稿日:

OIS(Overnight Index Swap)とは

OISは翌日物金利と数週間~2年程度までの固定金利を交換するスワップ取引の一種です。

一般的に使われるスワップ金利は変動金利の交換対象としてLIBORを使用いますがOISは翌日物金利を対象とします。

日本では無担保コールオーバナイト、米国ではFF金利、ユーロ圈ではEONIA(Euro Overnight Index Average)が交換対象となります。

翌日物金利と交換した固定金利を「OISレート」と呼んでいます。

スワップレートやスワップ取引についてはこちら:米ドル10年スワップレートが10年国債利回りより低くなる現象が発生

LIBOR・スワップはクレジットリスクを内包/OISはクレジットリスクをほとんど内包しない

OISはLIBORやスワップ金利と同じような金利指標ですが、違いについて分かりやすく説明します。

LIBORは金融機関どうしが短期(3ヶ月~12ヶ月間)の資金を融通する際に適用される金利で元本の移動が伴います。

よってLIBORには大手金融機関のクレジットリスクに見合うスプレッドが内包されており、厳密にはリスクフリーレートとは言えません。(LIBOR =リスクフリーレート+大手金融機関のスプレッド)

しかし、通常のマーケット環境下においては大手金融機関のクレジットリスクはほとんどないという前提となっており、スプレッドもごく僅かとなっていることからリスクフリーレートとして使われることも多くあります。

しかし、リーマンショック時はLIBORにおけるクレジットリスクが表面化し、3ヶ月ドルLIBORと3ヶ月米国債のスプレッドが約4%まで拡大してリスクフリーレートとしての役割に疑問符が付きました。

スワップ金利については、スワップ取引自体は元本の移動はありませんが、交換対象がLIBORとなるので間接的にクレジットリスクが内包されます。

一方、OIS(Overnight Index Swap)は交換対象が翌日物金利です。

LIBORに比べて超短期(1日)の取引となることから、ここにはクレジットリスクはほとんど内包されません

またOISの取引は翌日物金利を原資産とするデリバティブ取引となり元本の交換はなく、満期時に金利部分について差金決済されるだけですのでこの取引自体にもクレジットリスクはありません。

よって、OISレートはクレジットリスクがほぼないということになります。

OISは純粋に政策金利の将来の見通しについてマーケットがどのように見ているかを表していることになります

例えば米ドルのOIS金利を確認することで、次のFOMCで利上げを行う確率がどれくらいなのかをみることができます。

日銀も金融政策を行う上でOISをチェックしていると言われています。

米ドル3ヶ月OISレート・3ヶ月ドルLIBOR・FFレートの推移

OISレートをより詳しく理解するために米ドル3ヶ月OISレート、3ヶ月ドルLIBOR、FFレートの比較チャートを掲載します。

OIS,LIBOR、FF金利チャート

概ね上記に掲載した理論通りとなっています。

OISレートが政策金利の見通しを示すリスクフリーレートの役割を果たし、LIBORは「リスクフリーレート(OISレート)+クレジットスプレッド」の水準で推移しています。

リーマンショックのあった2008年9月頃はクレジットリスクを内包するLIBORが急上昇しています。

OISとLIBORの差をOISスプレッドといいます。

上記のチャートは月次データで作成しているためそれほど大きく見えませんが2008年10月10日には米ドル3ヶ月OISレートが1.15%に対し3ヶ月ドルLIBORが4.81%まで上昇しました。

つまりOISスプレッドが3.66%まで拡大しました。

通常のマーケット環境ではOISスプレッドは大きくても0.5%未満となっていることからリーマンショックがいかに混乱したマーケットであったかを物語っています。

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-知識・ノウハウ(債券)

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.