ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

NDFの仕組みを分かりやすく解説 / 為替予約との違い / 短期金利とのかい離

投稿日:2017年9月12日 更新日:

NDFとは、なぜNDFを使う必要があるか

NDFは「Non Deliverable Forward (ノン・デリバラブル・フォワード)」の略です。

通貨選択型の投資信託において通常の為替予約が使えない通貨で活用されます。

NDFが使われる通貨はブラジルレアル、人民元、インドルピー、インドネシアルピア等です。

通貨選択型の投資信託で米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、南アフリカランド、ロシアルーブル、メキシコペソ、トルコリラなどは通常の為替予約取引(フォワード取引)で各通貨にヘッジされます。

一般的には3ヶ月程度の為替予約を使います。

ブラジルレアル、人民元、インドルピー、インドネシアルピア等は当局の規制により通貨の取引が制限されていることから為替予約取引(フォワード取引)を行うことができないためNDF取引が使われます。

NDFは名前の通り、通貨の受け渡しは行わない差金決済の取引です。

為替予約取引(フォワード取引)でヘッジを行う通貨の場合、ヘッジプレミアム(ヘッジコスト)は2通貨の短期金利差でほぼ説明が可能です。
(細かく説明すると金利差に加え、2通貨の需要が反映されるベーシスを加えたものになります)

NDF取引の場合は通貨に対する需要動向が為替予約取引(フォワード取引)と比較すると、より反映されやすくなっています

よって、上昇期待で人気化している通貨をNDF取引でヘッジした場合、短期金利差を大きく下回るヘッジプレミアムしか得られないケースがあります。(下記の2011年4月のブラジルレアルのようなケースです)

為替ヘッジについてはこちらを参照してください:ヘッジコストは金利差とベーシス(ドル需要)で決まる  外債投資を阻む壁 米金利上昇 ドル調達コスト急拡大~日経新聞記事~

NDFと短期金利のかい離(ブラジルレアルNDFとスワップレートの長期推移で比較)

上記でもふれましたが、NDF取引による為替ヘッジの場合は対象通貨の需要動向(人気度)により、おおよその理論値となる短期金利差から大きくかい離するケースが発生します。

ブラジルレアルを例にとって、NDF取引と通常の為替予約取引(フォワード取引)とのかい離が過去、どれくらいあったかを確認してみたいと思います。

為替予約取引(フォワード取引)で使われる金利として「ブラジルレアル3ヶ月スワップレート」を参照します。

NDF取引で想定される金利として「ブラジルレアル3ヶ月NDFインプライドレート」を参照します。

NDFかい離

大半の期間でNDF取引から得られる金利が為替予約取引(フォワード取引)で得られる金利を下回っています。

例外はリーマンショック時で、この時はNDFにより得られる金利が大きく上回っています。

これはリーマンショックの影響でNDF取引の巻き戻し(取引解消)が短期間で大幅に進んだことが原因と考えられます。

また、2011年4月頃は両者のかい離が大きく、3ヶ月スワップレートが約12%あるのに対し、NDFから得られる金利は5%まで低下しています。

この時はブラジルレアルの金利が高く、ハイイールド債等の通貨選択型の投信でブラジルレアルコースが大人気となっていました。

ブラジルレアルの需要が強く、NDFの取引価格が割高な水準になる分、得られる金利が低くなっています。

まとめると、過去のブラジルレアルのデータではリーマンショック時などの特殊なマーケット環境や通貨が極端に人気化した場合を除けば、NDF取引により得られる金利は、若干低くなるものの概ね短期金利近くの利回りを得ることができるということになります。

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-知識・ノウハウ(投信)

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.