ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)Copyright©2016-2018 financial star

知識・ノウハウ(投信)

2つのプロ投資家 / 適格機関投資家と特定投資家

投稿日:

金融機関の顧客でいわゆる「プロ」と呼ばれる投資家には実は2つの種類があります。

適格機関投資家特定投資家です

聞いたことがあるが違いが分からない人が多いようです。

よく混同してしまうこともあるようですので、2つの違いを忘備録として掲載します。

2007年9月金融商品販売法が施行され特定投資家制度がスタート

2007年9月に証券取引法を改正し金融商品販売法が施行され、特定投資家制度ができました。

それ以前は「プロ投資家」といえば適格機関投資家のことを指しました。

現在は適格機関投資家も金商法の中で規定されているので、少しわかりにくいのですが、金商法におけるプロ投資家という場合は通常、特定投資家を表しています

2007年9月金融商品販売法が施行され適格機関投資家の範囲が拡大

従来、適格機関投資家は原則として金融機関・年金・投資ファンドのみが対象となっていましたが、2007年9月に金融商品販売法が施行されるタイミングで適格機関投資家の範囲が拡大されました。

現在は一定の条件を満たす事業法人や個人も金融庁に届け出をすれば適格機関投資家になることができます。

例えば個人でも有価証券残高が10億円以上あって、証券会社等の取引が1年以上あれば適格機関投資家になることができますでの、極端に高いハードルではなくなりました。

ただし、適格機関投資家になってもメリットがある人はそれ程多くないと思われます。

メリットがあるとすれば、いわゆる「プロ私募ファンド(適格機関投資家限定私募ファンド)」を購入したい人か、不動産関連投資を信託受益権や適格機関投資家限定私募の形態で行いたい人です。

「プロ私募ファンド(適格機関投資家限定私募ファンド)」とは一般的な「公募投資信託」と異なり、適格機関投資家しか購入できない投資信託です。

「プロ私募ファンド(適格機関投資家限定私募ファンド)」と「公募投資信託」で最も大きく異なるのは信託報酬等のコストです。

ただし、現在ではETFや公募のインデックスファンドも一般的になっていますので、わざわざ適格機関投資家になって「プロ私募ファンド(適格機関投資家限定私募ファンド)」を購入するメリットは大きくないと考えられます。

現状では信託受益権や適格機関投資家限定私募の組合形式等で不動産取引を行っている投資家が適格機関投資家になっているケースが多いようです。

特定投資家の範囲と適格機関投資家の範囲 / 適格機関投資家は必ず特定投資家となる

上記の通り、「特定投資家制度」は2007年9月に施行された「金融商品取引法」(旧証券取引法)」において規定されました。

プロなので既に理解していると考えられる「書面交付義務」や「適合性の原則」などの投資家保護に関する規制の内、一部が除外されます。

特定投資家の範囲は下記の通りです。

特定投資家と一般投資家の区分

上記の通り、適格機関投資家は必ず特定投資家になります。

一般投資家に変更することはできません。

特定投資家の範囲と異なる部分はいくつかありますが、例えば個人であれば、純資産及び有価証券資産が3億円超~10億円未満の人は特定投資家になることは可能ですが、適格機関投資家にはなれません。

一般の事業法人の場合は、資本金5億円以上の株式会社や上場企業などは原則、特定投資家ですし、申請すればどの法人も特定投資家に移行することは可能です。

しかし適格機関投資家になるには有価証券残高が10億円以上あることが必要です。



-知識・ノウハウ(投信)