ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

円高抵抗力で円高リスクを軽減 米ドル10年債 「利回り5%・1ドル=120円」と「利回り2.5%・1ドル=100円」はどちらが円高に強いか【外債提案手法】

投稿日:2016年12月25日 更新日:

円高抵抗力とは

米ドルなどの外貨で運用する場合は為替リスクが存在します。

しかし少しでも円高になると損益がマイナスになるかというとそうではありません。

例えば米ドルの場合では、高い利回りにより米ドルベースで資産が増えた分は、円高になっても吸収できることになります。

例えば1ドル= 100円の時に5年で2%の債券を購入した場合、5年後にはドルが10%増加しています。

このときドル円レートが約10%円高になっても、円ベースではプラスマイナスゼロとなります。

この約10%のバッファーを円高抵抗力と呼んでいます。

ここであえて「約10%」と記載したのは正確に説明すると、5年後にドルベースで1.1倍になっているので損益分岐点は100円/1.1=90.9円となります。

よって米ドルで1.1倍になった分、9.1%円高になってもリスクを吸収できることになります。

お分かりになると思いますが、外貨で増えた割合が円高抵抗力となりますので、高い利回りのものを長期で保有すればするほど、円高抵抗力は高まります

つまり、外貨投資は長期で保有すればするほどリスクが減少するということになります。

極端な例ではブラジルレアルを2008年の最高値である1レアル70円で購入した場合、2016年12月には1レアル=35円前後となり為替だけで見ると約半分になっていますが、ブラジルレアルの高金利を考慮すると、1レアル=35円でもプラスになっています。これが円高抵抗力の大きな魅力です。

● ブラジルレアルの円高抵抗力についてはこちらを参照してください:【ブラジルレアル セールスネタ】ブラジル利下げ「緩やかに継続」~日経新聞記事~

●ブラジルレアル債券のセールストークはこちらを参照してください:ブラジルボンドオープン

「利回り5%・1ドル=120円」と「利回り2.5%・1ドル=100円」はどちらが円高に強いか

このページのタイトルにある「米ドル10年債を利回り5%・1ドル=120円と利回り2.5%・1ドル=100円ではどちらが円高に強いか」という問題ですが、これはどちらも同じです

利回り5%・1ドル=120円で運用した場合、ドルベースで50%増えますので、10年後の損益分岐点は120/1.5=80円となります。

利回り2.5%・1ドル=100円で運用した場合はドルベースで25%増えますので、こちらの損益分岐点は100/1.25 =80円と上記と同じになります。

よって円高に対する抵抗力(つまりリスク)は同じと言えます。

実際のマーケットの例で見てみると、に2016年11月、トランプ氏が大統領に決まってから米国の10年債は1.5%前後から2.5%前後に上昇しました。

同時にドル円の為替レートは1ドル= 105円前後から115円前後に円安となりました。

1.5%・1ドル= 105円と2.5%・1ドル= 115円、どちらが良い条件でしょうか?

105円/1.15=91.3円

115円/1.25=92円

結果はほぼ同じです。

円安になるとドルを買いにくいイメージがありますが、為替だけでなく利回り(金利水準)も見る必要があります。

外貨投資はあくまで為替と金利のバランスが大切です

「円安かつ高金利の時」の外債提案のコツとしては、長め債券を提案し、損益分岐点レートを提示することです。

1ドル= 110円、10年、4%のドル債を投資した場合のセールストークの例です。

「10年後に1ドル=79円まで円高が進んでもプラスマイナスゼロです」

「もちろん今と同じ1ドル= 110円であれば40%のプラス、1ドル= 100円でも27%のプラスです」

「さらに円安が進み1ドル= 120円になれば52%のプラスとなります」

外債投資のシミュレーション

「万が一79円よりも円高になっていた場合、そのまま米ドルで運用を継続し、米ドルを増やしながら円安のタイミングを待つことも可能です」

説明していることは当たり前のことばかりですが、このように説明するとお客様は分かりやすいようです。

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-知識・ノウハウ(為替)

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.