ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

世界の人口推計(人口予測)

投稿日:2016年6月24日 更新日:

世界の人口推計(2020年/2030年/2040年/2050年の主要国人口予測)

  • 単位:百万人、出所:国連
    population_world
  • 2050年には世界の人口が約100億人まで拡大
  • 2010年から2050年までの40年間で人口は30億人増加するが、増加分はほぼ全てが新興国によるもの
  • 2050年には人口の85%程度が新興国となる
  • 先進国では米国の人口増加が大きく、英国も安定的に増加
  • 先進国の中で米国経済が相対的に堅調な理由としてこの持続的な人口増加が大きなポイントとなっている
  • 日本は2011年から人口減少に転じており、2050年には1億人を下回る
  • ドイツも2020年以降人口減少が始まる。先進国全体では2010年から2050年までの40年でほぼ人口は増加しない見通しとなっている。
  • 新興国では中国が2030年頃から人口減少がはじまる一方でインドは2060年頃まで人口増加を続ける。2022年頃にはインドが中国を抜いて人口世界一となる見通し
  • 中国は長く続いた1人っ子政策が、2016年1月から2人っ子政策に変更されたことで、急速な人口減少見通しが今後どのように変化していくか注目である
  • その他、ブラジル、インドネシア、メキシコ、南アフリカなどの新興国は当面人口が増加し続ける見通しとなっている。
  • 中国以外の新興国ではロシアが2020年以降、人口が減少する見通しとなっている

人口上位20か国の推移(2030年/2050年の人口ランキング予測)

※単位:百万人、出所:国連

population_top20

  • ナイジェリアが2030年に5位、2050年には米国を抜きインド・中国についで世界第3位の人口となる
  • タンザニアが2030年に19位、2050年には1億人を大きく超え14位上昇。
  • ウガンダも2050年には1億人を上回り17位に登場
  • 欧州で最も人口が多いドイツは2030年で20位、2050年には20位圏外となるため2050年の時点で上位20か国に欧州の国はなくなる
  • 今後、人口の観点からみるとアジアとアフリカが世界の大部分を占めることになる
  • アフリカの国々は当面、高い人口増加率を維持すると考えられ人口のポテンシャルは非常に高い

関連ページ

主要国の人ロピラミッドについてはこちらを参照してください

主要国の人口ピラミッド 2015年・2050年比較

主要国の人ロボーナスについてはこちらを参照してください

主要国の人ロボーナスを分析する

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-お役立ちデータ集

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.