ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

パワーリバース・デュアルカレンシー債(PRDC債)

投稿日:2016年6月27日 更新日:

債券タイプ

  • 仕組債

通貨

  • 円(額面100円)

対象アセット(インデックス)

  • 米ドル

条件

最近のデータがないので2014年6月のデータ

  • 期間:30年
  • クーポン
    • 当初1年:3%
    • 2-30年:3%≧ 18%×FX1/FX2-15% ≧0
    • FX1:利払い時の為替レート
    • FX2:当初為替レート-10円
  • 償還:円100%

 

  • 払い込みと償還は円でクーポンの計算を外貨参照としているところは「リバースデュアル債」と同じ。ただし、受取はクーポンも円建てとなる。
  • クーポン部分にレバレッジをかけてクーポンスワップを行うことで高い利回りを実現。
  • ドル・円為替レートが10円以上円高にならなければクーポンは上限の3%。それ以上円高になるとクーポンは減少し、最小でゼロとなる。
    • 仮に当初為替レートが1ドル= 100円の場合、利払い日毎に1ドル=90円までの円高であればクーポンは3%となる。
    • 90円より円高になるとクーポンが減少し、上記の例だと1ドル=83.3円より円高でクーポンがゼロとなる。
  • 日米金利差が大きくなると、クーポンスワップのディスカウント幅が大きくなり、円高方向のバッフアーが大きくなるので商品の条件としては良くなる

パワーリバースデュアルカレンシー債組成フロー

良い点(セールストーク)

円建て元本確保

  • 払込みと償還は円である為、発行体の信用リスクを除けば、元本割れリスクはない

高い利回り

  • 元本を確保しながら比較的高い利回りが得られる
  • 10円までの円高であれば高い利回りが得られる

顧客ニーズと適切なタイミング

  • 顧客ニーズとしては元本が毀損しないで、長期間に渡って安定的にクーポンを取りたい財団や学校法人、宗教法人などが対象となる
  • 日米金利差が大きくなったタイミングで、かつ為替が円高水準にあるときがベストとなる
  • さらにクーポンを欲張らずにやや低めに設定すれば、円高方向のバッファーが大きくなり、円高リスクが少ない条件にできる。
  • 将来、実現する条件かどうかは分からないが、下記のような条件であれば2000年代前半のように爆発的に売れる可能性もある。
    • 期間30年
    • 償還:円100%
    • クーポン:4%≧ 19% x FX1/FX2-15% ≧0
      FX1:利払い時の為替レート
      FX2:当初為替レートー20円
    • 当初為替レート:100円
  • この例であれば、発行体のクレジットリスクがなければ、30年後の円建てで元本確保
  • 80円までの円高であればクーポン4%。63.15円より円高になるとクーポンがゼロになる。
  • また、期間が30年と長いが実際に発行される場合は、発行体コールや累積クーポン等の条件を付けて早期償還される仕組みを付与することも多い。

悪い点(リスク)

低クーポンで長期保有の可能性も

  • 大きく円高になるとゼロクーポンのまま償還まで長期間保有しなければならないリスクもあり(例30年)。
  • この際売却しようとするとデリバティブ部分を時価評価するため大きく元本が割れてしまう。

関連ページ

仕組債の商品例一覧

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-債券・仕組債

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.