ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(株式・債券・REIT・投信・税制など)Copyright©2016-2019 financial star

債券・仕組債

リバースデュアルカレンシー債【仕組み・メリット・デメリット】

2016年6月27日

こちらのページではリバースデュアルカレンシー債について事例を交えながらポイントを詳細に解説しています。

一般的にデュアルカレンシー債(2重通貨債)とは「払込み」「償還」「利払い(クーポン)」が異なる2種類の通貨で行われる債券のことを言います。

  • dual:二重
  • currency:通貨

その中で「払込み」と「利払い(クーポン)」が円建てで、「償還」が外貨建てのものを「デュアルカレンシー債(順デュアル)」(そのままの名前ですが)と呼んでいます。

一方、「払込み」と「償還」が円建てで「利払い(クーポン)」が外貨建てのものを「リバースデュアルカレンシー債」(逆デュアル)と呼んでいます。

また、リバースデュアルカレンシー債の発展型としてレバレッジを活用した「パワーリバース・デュアルカレンシー債(PRDC債)」という仕組債もあります。

下記はリバースデュアルカレンシー債の発行事例です。

あわせてポイントも掲載します。

リバースデュアルカレンシー債の発行事例

債券タイプ

  • 仕組債

通貨

  • 払込み・償還は円(額面100円)
  • 利払いのみ米ドル

対象アセット(インデックス)

  • 米ドル

条件

通常、クーポンスワップを活用して組成されます。仕組みは簡単で、まず、円建ての債券を準備した上で、クーポンスワップにより、利払いを米ドル建てに変換するだけです。

ある程度、米ドルの金利が高くないと組成は難しくなります。

2016/5/31の条件です。

  • 期間:20年
  • クーポン:米ドル1.5%
  • 償還:円100%

払い込みと償還は円でクーポンの受取を外貨にすることで利回りをアップしています。(よって、元本に対する為替リスクはなく、クーポンのみに為替リスクがあります)

同じタイミングで比較すると、クレジットリスクが同様であれば、円建て債券よりも利回りは高く、ドル建て債券より利回りは低くなります。

リバースデュアル債組成フロー

リバースデュアルカレンシー債の良い点(メリット)

円建て元本確保

  • 払込みと償還は円である為、発行体の信用リスクを除けば、元本割れリスクはありません。
  • クーポンのみ為替による変動がありますが、仕組債の中では非常にシンプルな商品と言えます。
  • 償還が外貨建てとなるデュアルカレンシー債(順デュアル)より、リバースデュアルカレンシー債(逆デュアル)の方が為替リスクは小さくなります。

高利回り

  • 元本を確保しながら比較的高い利回りが得られます。(クーポンは米ドル建てであるため、円安になるとクーポンは増加します)
  • ただし、同じ期間・同じクレジットの米ドル債の利回りと比較するとかなり低くなります。(投資元本の為替リスクを取っていない為、当たり前である)
  • 円建てで元本割れリスクを回避しながら、少しでも高い利回りを目指したい投資家に向いています。(運用規定で元本部分に対して為替リスクや株価リスクを取れない投資家に向いています)

リバースデュアルカレンシー債のリスク(デメリット)

クーポンは為替レートで変動

  • クーポンは外貨建てであるため、円ベースでの金利は円転する際の為替レートにより変動し、円高の場合は目減りします。
  • ただし、パワーリバース・デュアルカレンシー債(PRDC債)のようにゼロクーポンとなることはありません。また、償還が外貨となるデュアルカレンシー債と比較すると為替リスクは小さくなります。

低流動性

  • 円建てで元本を確保する分、期間は比較的長期になります。(期限前償還条項が付与されるケースも多くあります)
  • 途中売却の場合はパワーリバース・デュアルカレンシー債(PRDC債)ほど大きく変動しませんが、元本割れの可能性もあります。(通常はよほど円安にでもなっていない限り、リバースデュアルカレンシー債も途中売却すると元本割れします)

それほど極端な高利回りにはならない

  • 上記のメリットで記載している通り、信用リスクを除くと元本割れリスクがなく、為替リスクもクーポンのみで、シンプルな商品性ですが、その分、大きなリターンにはならない商品です。(もちろん、対象通貨の金利水準にもよりますが、基本的に円債+αの利回りとなります)
  • 同じような商品性で、より大きなリターンを求める場合は、発展型であるパワーリバース・デュアルカレンシー債(PRDC債)を検討する必要があります。

早期に償還される可能性

  • リバースデュアルカレンシー債を発行する際、発行体が期限前償還をする権利を持つ「期限前償還条項」や為替レートが一定以上円安になった場合等に繰上償還する「トリガー条項」をつけることが多くなります。
  • この場合、想定より早く償還されることで、高い利回りの運用を継続できないリスクがあります。

関連ページ

下記では代表的な仕組債をほぼ全て網羅していますのでご覧下さい!

仕組債の商品例一覧



-債券・仕組債