ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(株式・債券・REIT・投信・税制など)Copyright©2016-2019 financial star

お役立ちデータ(経済指標・人口)

日本の1人当たりGDP推移と世界の1人当たりGDP

投稿日:2016年6月28日 更新日:

日本の1人当たりGDP推移(名目)

データの出所:bloomberg、IMF WEO

  • 1970年:約2,000ドル
  • 1975年:約4,500ドル
  • 1980年:約9,000ドル
  • 1985年:約11,000ドル
  • 1990年:約24,000ドル
  • 1995年:約41,000ドル
  • 2000年:約36.800ドル
  • 2005年:約35,700ドル
  • 2010年:約43,000ドル
  • 2015年:約32,000ドル
  • 2018年:約39,300ドル

米ドル建てのデータである為、円高は1人当たりGDPの上昇要因となる。

下記のグラフで1995年前後や2011年前後に1人当たりGDPが大きく上昇しているのは円高も影響している。

日本の1人当たりGDP推移

世界の1人当たりGDP(名目,2018年)

※1人当たりGDP=名目GDP÷人口

  • ドイツ:約48,000ドル
  • イギリス:約42,500ドル
  • ロシア:約11,300ドル
  • ブラジル:約10,000ドル
  • 中国:約9,000ドル
  • 南アフリカ:約6,400ドル
  • ベトナム:約2,500ドル
  • インド:約2,000ドル
  • 先進国の1人当たりGDPは一般的には3万ドル〜6万ドル程度になる傾向
  • 日本の1人当たりGDPは2010年から2015年にかけて大幅に減少してるように見えるが、これは為替の影響によるもの。円建ての1人当たりGDPはほとんど変化していない。
  • 成長のポテンシャルを考えると、例えば中国は1970年代後半の日本、インドは1970年頃の日本と同水準であり、今後もかなりの成長が見込める。
  • 一般的に1人当たりGDPが3000ドルを超えると家電や家具、自動車などの耐久消費財の売れ行きが加速するとされる。紙おむつなどの便利さや快適さを重視した日用品も売れ始める。これにより経済活動の幅が広がり景気の安定性が増していく。
  • 1人当たりGDPが1万ドル程度に達した後、成長率が低下、あるいは長期に渡って低迷し2万ドルを超えられない「中所得国の罠」といわれる状況に陥る国も多い。現状ではブラジル、アルゼンチン、マレーシアがこれに当たるとされる。中所得国の罠からうまく抜け出せた国としては最近では韓国、台湾が挙げられる。
  • 世界の1人当たりGDPランキングの推移はこちら:1人当たりGDPランキングの推移(1990年・2000年・2010年・直近) / 日本の地位は低下傾向
  • 参考として「日本の1人当たりGDPとドル円レート」、「日本の1人当たりGDPとTOPIX」の長期比較チャートを下記に掲載

日本の1人当たりGDPとドル円レートの推移

日本の1人当たりGDPとTOPIXの推移

関連ページ

ポテンシャルがある新興国に投資する場合はこちら!

新興国に関するセールストークやポイントを掲載しています。

ピクテ新興国インカム株式ファンド



-お役立ちデータ(経済指標・人口)