ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

中国の経済指標チェックリスト

投稿日:2017年4月26日 更新日:

中国の経済指標で最低限おさえておく必要のあるものを掲載します。

中国経済指標一覧

下記で各経済指標のポイントを解説します。

製造業購買担当者景気指数(国家統計局PMI)

  • 毎月月末にその月のデータを公表
  • 50を上回れば景況拡大、50を下回れば景気悪化を示す
  • 中国国家統計局と中国物流購入連合会が共同で調査
  • 民間企業が調査する「財新中国製造業PMI」と異なり、中国政府が発表するPMIであり、通常であれば信頼性は高いと考えられるが、中国の場合は「国の発表だからこそ信頼性が低い」との意見も多い

財新(Caixin)/マークイット製造業購買担当者景気指数(財新中国製造業PMI) (旧HSBC PMI)

  • 毎月月初に前月のデータを公表
  • 50を上回れば景況拡大、50を下回れば景気悪化を示す
  • 従来より英国の金融情報大手のマークイット社が日米欧やアジア、新興国など30力国あまりで各国ごとに算出。中国製造業PMIは以前はHSBCと共同で調査していたが、HSBCが同調査から撤退したため地元メディアの財新と新たに提携し、名称を「財新中国製造業PMI」となった。
  • 調査方法などは従来と変わらないので、HSBCがかかわっていたときのデータから継続して見ることが可能
  • 国家統計局が発表するPMIより民間企業が発表するこちらの「財新製造業中国PMI」の方が信頼できるとの意見も多い

消費者物価指数(CPI)

  • 毎月中旬ごろに前月のデータを公表
  • 中国人民銀行の金融政策や中国政府の各種政策に影響を与えるため注目される

外貨準備高

  • 毎月7日頃に公表
  • 外貨準備高は断トツの世界一となっている
  • 海外への資金流出の防止や人民元相場の安定を目的とした為替介入により大きく上下にブレることも多い

鉱工業生産

  • 毎月15日前後に公表(中国国家統計局が鉱工業生産・小売売上高・固定資産投資を同時に公表)
  • 中国の製造業、鉱業、公共事業の生産動向を表す
  • 企業活動の参考データ

小売売上高

  • 毎月15日前後に公表(中国国家統計局が鉱工業生産・小売売上高・固定資産投資を同時に公表)
  • 小売業やサービス業の売上高を表す
  • 中国のGDPに占める個人消費の割合は約35%と米国の70%や日本の60%と比較すると低いため、米国や日本と比較して小売売上高の注目度はそれほど高くない
  • 個人消費を予想する際の参考データとなる

固定資産投資

  • 毎月15日前後に公表(中国国家統計局が鉱工業生産・小売売上高・固定資産投資を同時に公表)
  • 農村部を除いた都市部の建築工事や設備工事費を集計したもの
  • 「政府や国有企業による投資」と「民間の投資」に分けられる
  • 中国はGDPに占める総固定資本形成(民間の住宅投資十企業設備投資十政府の公共投資)の割合が高いため注目される
  • ただし政府の公共投資頼みの数字になると悪材料ととらえられる
  • 民間設備投資、政府公共投資を予想する際の参考データとなる

中国主要70都市新築住宅価格指数

  • 毎月18日前後に公表
  • 中国国家統計局が主要70都市について平均的な販売用新築住宅価格を算出
  • 70都市のうち、前月比で同指数が上昇、下落、横ばいとなった都市数が注目される
  • 中国の不動産市況を確認する指標として注目される

貿易収支

  • 毎月10日前後に公表
  • 中国税関総署が公表
  • 中国は貿易黒字国、ただし月別ではまれに貿易赤字になる場合もあり
  • 特に対米貿易黒字は政治的にも注目される

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-お役立ちデータ集

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.