ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(投信・債券・REIT・税制など)

毎月分配型の投信はだめ?

投稿日:2016年7月5日 更新日:

タコ配はだめなのか

最近、毎月分配型の投信はお勧めできないという話をおっしゃる専門家も多いようですが実際のところはどうなんでしょうか?

分配金利回り(年間の分配金/基準価格)を極端に高くしている投信も多い為、ネットや雑誌等で有識者といわれる方が「分配金を多く出す投信はタコ配になっているケースも多くよくない」と発言しているケースを見かけます。

投信の分配金の場合、購入単価を下回る部分の分配金は特別分配金として課税対象にはならず、単なる元本の払い戻しとなります。

販売手数料を払って購入したものをそのまま払い戻すことになるので手数料分だけ損をすることになります。

ただし、全体の投資金額と比較するとそれほど大きな割合ではないので重要視しなくても良いとも言えます。

さらに元本を削っても年金感覚で受け取りたい等のニーズのある方には元本の払い戻しであっても高い分配金利回りは悪くないと思います。

分配金の高さとパフォーマンスに関連性はない

いずれにしても分配金が高いことと運用成績がいいことは全く関係ありませんので、そこは注意してください。運用成績はあくまで分配金込みのトータルリターンを見てください。

よって毎月分配型や分配金利回りが高いことが良いか悪いかは、そのファンドの良し悪しを決めるものではなく、各投資家のニーズにより決まるものと考えればよろしいかと思います。

関連ページ

毎月分配に関する内容はこちらを参照してください

毎月分配型投信の分配金についての考察

毎月分配型・米国リート投信は良くないのか?

PC記事下2つ

PC記事下2つ

関連コンテンツ



-知識・ノウハウ(投信)

Copyright© ファイナンシャルスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.