ファイナンシャルスター

ハイレベル金融サイト(株式・債券・REIT・投信・税制など)Copyright©2016-2019 financial star

債券・仕組債

クレジットリンク債

投稿日:2016年6月24日 更新日:

こちらのページではクレジットリンク債について事例を交えながらポイントを詳細に解説しています。

クレジットリンク債はクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)を活用することで社債(SB)に近い商品性の債券となっています。

下記はクレジットリンク債の発行事例です。

あわせてポイントも掲載します。

クレジットリンク債の発行事例

債券タイプ

  • 仕組債(商品性は社債に近い)

通貨

  • 円(額面100円)

対象アセット(インデックス)

  • クレジットデフォルトスワップ(CDS)
  • CDSを利用して社債と同様の経済効果を目指すもの

条件

  •  過去に発行された例を掲載します。
    • 発行日:2010/12/13
    • 期間:5年
    • クーポン:変動or固定でちらでも組成可能
      • 変動の場合:6ヶ月LIBOR+0.486%
      • 固定の場合:1.0%(5年国債金利+0.5%)
    • 発行会社:三菱UFJモルガンスタンレー証券
    • CDS参照企業:神戸製鋼所
  • クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)を使って参照企業の信用リスクを取ることで高い利回りを得られる商品です。
  • 基本的には社債(SB)と同じような商品ですが、下記の違いがあります。
  • 一般の社債との違い
    • 発行企業と参照企業の両方のクレジットリスクを取る代わりに、両方のクレジットスプレッドが得られます。(上記の例では神戸製鋼所と三菱UFJモルガンスタンレー証券のクレジットリスクがリスクプレミアムとして利回りに反映されている)
    • 原則、途中売却ができません。
    • 小口で発行できません。

CDSとは

  • 企業に対する信用保険のようなものです。
  • プロテクション(保証)の買い手はプレミアム(保険料)を支払う代わりに、参照企業に信用事由が発生した場合、保険金を受け取ります。
  • プロテクション(保証)の売り手はその逆で、保険料を受け取る代わりに参照企業に信用事由が発生した場合には保険金を支払う必要が発生します。
  • クレジットリンク債の投資家はプロテクションの売り手の立場となります。
    クレジットリンク債組成フロー

信用事由(クレジットイベント)とは

  • 信用事由は国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)が規定しています。
    • 破産
    • 支払不履行
    • リストラクチャリング(支払利息減免、元本削減、元利金支払い繰り延べなど)
  • これまで信用事由(リストラクチャリング)が発生した日本企業の一覧です。
    creditlink_default

CDSの推移(神戸製鋼所の例)

神戸製鋼所CDSチャート

  • 上記のクレジットリンク債の発行事例の発効日である2010/12/13の神戸製鋼所のCDSスプレッドは85bps (0.85%)前後でした。
  • 上記クレジットリンク債の上乗せ金利(スプレッド)は変動も固定も約0.5%となっています。
  • 三菱UFJモルガンスタンレー証券のクレジットスプレッドは0.1%程度と考えられることから、0.85%-0.5%+0.1%=0.45%部分が発行コスト(証券会社の手数料等)となります。
  • 期間5年であるため0.45%×5年=2.25%がトータルの発行コスト(証券会社の手数料等)となります。
  • リーマンショック後の2008年、国内景気低迷に中国景気減速懸念が重なった2012年、チャイナショック後の2016年、品質データ改ざん問題が明るみになった2017年はCDSスプレッドが大きく上昇しています。
  • あまりにも変動が激しいタイミングではクレジットリンク債は組成できないこともありますが、スプレッドがワイドニングしたタイミングで組成すると条件の良いクレジットリンク債が組成できます。(もちろんデフォルトしないような銘柄であることが前提)

クレジットリンク債の良い点(メリット)

高い利回り

  • 社債に比べて発行会社(通常金融機関)のクレジットが上乗せされるので、同じ企業の社債(SB)よりも利回りが高くなります。
  • 上記の例では神戸製鋼所の社債(SB)より、三菱UFJモルガンスタンレー証券のクレジットスプレッドが上乗せされるため利回りが高くなります。

機動的に発行可能

  • 社債(SB)が発行されていなくても組成できます。(機動的なタイミングでの投資が可能となります)

クレジットリンク債のリスク(デメリット)

流動性が低い

  • 基本的に売却できないと考えたほうが良いです(売却する場合相当悪い条件となる)

大口のみ

  • 最低ロットが1億円、できれば10億円以上の金額が必要となります。(CDSは通常10億円単位で取引されるので、10億円未満の取引も可能であるが取引コストが上がり利率が低下する)

クレジットリンク債が活用されやすい例(イタリア・スペインなど)

イタリアやスペインは数年に1度、何らかの問題が発生して信用リスクが高まり、国債が売られ利回りが上昇します。

ただし、イタリア・スペインはユーロ圈第3位・4位の経済規模を誇り、デフォルトするリスクはそれほど高いわけではありません。

よってその場合、イタリア国債・スペイン国債を購入したいということになりますが、これらの国債は大半がユーロ建てです。

この時、「円建てかドル建てであれば投資したい」といったニーズが多く発生します。

そのニーズに応える為にクレジットリンク債を活用します。

円建てやドル建てでイタリア・スペインのスプレッドを享受できます。

仕組みは上記と同様で「社債+CDS」です。

このイタリア・スペインのクレジットリンク債は定期的に活用できるタイミングがくるので覚えておいてください。

関連ページ

下記では代表的な仕組債をほぼ全て網羅していますのでご覧下さい!

仕組債の商品例一覧



-債券・仕組債